ソフトバンク周東が日本S初盗塁決め「もっと塁に」

ソフトバンク周東が日本S初盗塁決め「もっと塁に」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/21
No image

巨人対ソフトバンク 8回表ソフトバンク無死二塁、中村晃の適時打で生還した周東(右)は柳田に迎えられる(撮影・河野匠)

<SMBC日本シリーズ2020:巨人1-5ソフトバンク>◇第1戦◇21日◇京セラドーム大阪

ソフトバンク周東佑京内野手(24)が足攻めで1点をもぎ取った。8回、四球で出塁すると中村晃への6球目でスタートし、二塁を陥れた。

大城は送球すらできず、軽々とセーフ。日本シリーズ初盗塁だ。今季は50盗塁で規定打席未満ながら初の盗塁王に輝いていた。中村晃の左前適時打で追加点のホームを踏んだ。「まず(盗塁)1つできてホッとしてます。明日からもっと塁に出て揺さぶっていけるようにしたい」と先を見据えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加