高橋真麻、産後疲れで“母の大変さ”実感 生ラジオでリスナーに感謝

高橋真麻、産後疲れで“母の大変さ”実感 生ラジオでリスナーに感謝

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2020/08/01
No image

8月1日放送のニッポン放送『高橋真麻 LOVE&MELODY』の模様(C)ニッポン放送

フリーアナウンサーの高橋真麻が、8月1日放送のニッポン放送『高橋真麻 LOVE&MELODY』(前8:30~10:50)に生出演。5月に第1子を出産し、7月に仕事復帰を果たして以降、ラジオパーソナリティー初挑戦となったが、自身の近況について語った。

【動画】第1子出産後初公の場!満面の笑みで登場した高橋真麻

リスナーから「コロナの感染拡大で外に出る機会が減ったので、明るくなる曲をかけてほしい」とのリクエストを受けると、高橋は「この3ヶ月、ずっとステイホームしていた。子どもがいて、産後だから家にいなければならなかったですが、コロナ自粛疲れというよりは産後疲れ。お母さんたちはこんな大変だったんだ。本当にすごいなと思った」としみじみ。

この日の放送では、母親になった高橋と同じ「子どもを持つ母親」からのメールが数多く寄せられたが、同時期に子どもを出産したというリスナーからのメールに対して「今は大変だと思うけど、あとでいい思い出になると思うので、今を乗り越えて頑張ってください」とエール。

放送前には「天気予報を読めるということで、久しぶりにアナウンサー的な仕事ができることに、非常に喜びを感じています! 私の渾身の天気予報をどうぞご期待ください」と話をしていたが、さすがのアナウンス技術で落ち着いて天気予報を伝えた。高橋は「ひとりでしゃべるのは大変だったなと思いましたが、みなさんからのメッセージやリクエストがたくさん来て、すごくうれしかったですし、メールを読んでいて温かい気持ちになった。双方向で、番組を作ることができるのはうれしいなと思いました」と締めくくった。

高橋は、来週の『LOVE&MELODY』も担当。この日の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加