マイケル・J・フォックスがアカデミー賞を初受賞へ 名誉賞の授与が決まる

マイケル・J・フォックスがアカデミー賞を初受賞へ 名誉賞の授与が決まる

  • 東スポWeb
  • 更新日:2022/06/23
No image

オスカー像(ロイター)

大ヒット作「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズなどで知られる米俳優のマイケル・J・フォックスが、アカデミー名誉賞を授与されることになった。22日(日本時間23日)に米「USAトゥデイ」などが報じた。映画界への貢献に加え、現在自身が闘病中のパーキンソン病についての治療支援活動などが評価された。

アカデミー理事会は「映画界と世界に広く不滅の貢献を残した」と受賞理由に発表。今回マイケルはジーン・ハーショルト友愛賞を受賞し、11月19日に米ロサンゼルスで行われるガバナーズ賞の授賞式で表彰を受ける。

マイケルは1991年にパーキンソン病の診断を受け、2000年には「マイケル・J・フォックス・パーキンソン病研究財団」を設立。パーキンソン病のために過去2度の引退(後に復帰)を表明しており、6月初めには病気のために記憶力が低下して台本が覚えられなくなり、演技の役割を果たせなくなったと告白したばかりだった。

アカデミー理事会のデービッド・ルービン会長は「パーキンソン病研究へのたゆまない支援、そして限界のない楽観主義は、たった1人の人間がが数百万人の未来を変える影響を持てるという希望的な例を示した。彼が示した人道道的な努力は映画界に多大な信用をもたらした」と語っている。

マイケルはテレビドラマ「ファミリータイズ」のアレックス・P・キートン役などで有名になり、85年からの「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのマーティ・マクフライ役で一気にトップ俳優となった。これまで5回のエミー賞、4界のゴールデングローブ賞、1回のグラミー賞を授賞しているが、アカデミー賞にはノミネートされたことはなかった。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加