阪神・中野 魂の猛打賞 ヒヤリ本塁突入で激突、球場騒然もプレー続行

阪神・中野 魂の猛打賞 ヒヤリ本塁突入で激突、球場騒然もプレー続行

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/06/24
No image

3回、近本の適時打で本塁へ突入する中野(撮影・立川洋一郎)

「広島5-4阪神」(22日、マツダスタジアム)

切り込み隊長として、敗戦の中で輝きを放った。阪神・中野が4月20日・DeNA戦(横浜)以来、今季7試合目の1番に入った。5月29日・ロッテ戦(ゾゾ)以来、今季6度目の猛打賞。3度の出塁すべてでホームにかえる大活躍で敵地のスタンドを沸かせた。

初回先頭の第1打席は二直に倒れたが、その後の3打席で安打製造機と化した。1点を追う三回の第2打席は2死から左前打で出塁。遠藤のチェンジアップを左前に運んだ。

そして、自慢の足を生かした。2死一、二塁から近本の中前打で二走・中野は三塁を蹴り、頭から本塁へ突入。捕手・会沢と激しく交錯したが、気迫のスライディングで「セーフ」の判定をもぎ取り、同点とした。

直後は起き上がることができず、しばらくその場で倒れ込んだままだった。担架も用意されたが、自力で立ち上がって三塁ベンチに下がり、三回裏も守備に就いた。

「若干の張りというか、むち打ちみたいな感じもあるんですけど。最近はチームに貢献できていなかったので、途中で代わるのだけは嫌だなと思っていた。気持ちで何とか頑張りました」とフル出場。試合後は「今は全然、何ともないので」と軽症を強調した。

実際、試合中に本塁交錯の影響は見せなかった。五回の第3打席は直球に詰まらされながらも左前に落とした。七回の第4打席は先頭でケムナの変化球を右前打。いずれも1点を追う展開でチャンスメークし、同点の生還を果たした。「1番・中野」は機能したが、広島戦今季初勝利には届かなかった。

「個人的には役割を果たすことはできたけど、チームとして勝つことができなかった。何か自分もやれることはあると思うので、あした以降、チームに貢献できるようにやっていきます」。3位再浮上を逃した悔しい敗戦の中で前を向いた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加