寝袋はいつ洗濯するべき?正しいお手入れの方法と注意点を紹介

寝袋はいつ洗濯するべき?正しいお手入れの方法と注意点を紹介

  • BE-PAL
  • 更新日:2022/06/23
No image

夜の冷え込みも落ち着き、「そろそろ保温力が高い寝袋を奥へ片付けよう」と思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで悩むのが、寝袋のお手入れ方法や洗濯の仕方です。正しくケアできていないと、カビが生えたり、劣化を早めたりしてしまう可能性も……。

そこでこの記事では、寝袋を洗濯するタイミングや具体的な手順、注意点などを紹介します。

基本は陰干し!タイミングをみて洗濯すべし

寝袋の基本のケアは、しっかりと乾かすことです。使用後はできるだけ早めに、風通しのいい場所で陰干ししましょう。

No image

ファスナーを開けて裏返しにして干し、1時間ほどたったら裏表を返して、満遍なく湿気を逃がします。

丸洗いをするのは、一般的に30〜50回使用したタイミングだといわれています。

つまり年間10泊使用しても、3〜5年は洗濯をする必要がないということです。寝袋用のインナーシーツを使っている場合は、もっと少なくてもいいかもしれません。

しかし、

嫌なにおいがする

汚れが目立つ

薄くなった

保温性が落ちた

などのサインがあれば、使用回数が少なかったとしても洗うといいでしょう。

寝袋を洗濯するときの注意点

洗い方を間違えると、劣化が早まることがあります。

実際に洗濯をする前に、以下のことをチェックするようにしてください。

洗濯表示タグに従う

No image

このタグを見ると、家庭洗濯での洗濯液の上限温度は30度C以下、漂白、タンブル乾燥、アイロンの使用が禁止だということが分かります。

衣類と同様に、ほとんどの寝袋には洗濯表示タグが付いています。

このタグには、

洗濯機推奨か、手洗い推奨か

乾燥機は使用できるか

液温の上限温度

干し方

などさまざまな情報が書かれています。

製品によって細かい取り扱い方法が異なるので、洗濯をする際は洗濯表示タグの指示に従ってください。

中綿の素材によって洗剤や洗濯方法を変える

中綿は一般的に、ダウンか化繊です。

ダウンは特にデリケートな素材のため、手洗いがベター。洗剤は、ダウン専用のものを使用します。

また、湿気が残るとカビや悪臭が発生しやすいです。乾燥機の使用ができるものなら、乾燥力が高く大物も乾かしやすいコインランドリーの乾燥機を利用するのもいいでしょう。

化繊の寝袋は、洗濯機で丸洗いできるものが多いです。しかし、基本的に乾燥機は使用できないため、陰干しでしっかりと乾かしましょう。

寝袋の洗い方

ダメージを最小限におさえるためには、手洗いをするのがおすすめです。

具体的な方法を見ていきましょう。

1.砂やほこりなどの汚れを払う

土は、乾いている方が落としやすいです。ふるったり、ブラシでこすったりしてある程度汚れを落としましょう。

2.押し洗いをする

浴槽に約30度Cのお湯を15cmほどためて、中性洗剤を入れます。

No image

汚れがひどい箇所がある場合は、先に部分的にもみ洗いをしてから全体を洗いましょう。

ジッパーを閉めた寝袋をつけて、足で踏んで汚れを押し出します。

汚れが気になるときは、このまま1時間ほどつけ置きしてもいいでしょう。

3.脱水する

No image

ひねると生地が傷むので、適当にまとめて押して脱水します。

排水し、踏んだり押したりして、ある程度水を切ります。

4.洗濯機で仕上げ

No image

できるだけ傷まないように、手洗いモードなどに設定するのがポイントです。

くるくると丸めて洗濯ネットに入れ、すすぎと脱水をします。

洗濯機の仕様などですすぎと脱水ができない場合は、浴槽ですすぎと脱水をしてください。洗剤残りがないように、濁りがなくなるまでお湯を入れ替えましょう。

5.乾燥

風通しの良い日陰で乾かします。数時間ごとに裏表を返して、満遍なく湿気が逃げるようにしましょう。

乾くまでに時間がかかると生乾き臭の原因になるため、必要に応じてサーキュレーターや扇風機を使うのがおすすめです。

触ってみて乾いているように見えても、中の方に湿気が残っている場合があります。4〜5日は干しっぱなしにして、完全に乾かしてください。

清潔な寝袋で快適な睡眠を。

寝袋は頻繁に洗濯すると、かえって劣化してしまいます。洗濯をするタイミングを見極めて、正しく丸洗いをすることが大切です。

また、実際に洗濯する前には、中綿の素材や洗濯表示タグを必ず確認しましょう。

正しくケアした寝袋で、キャンプ場で気持ちよく寝られるようにしたいですね。

No image

私が書きました!

ママライター

藤永瞳

「子どもと不便を楽しむ」がモットーのママキャンパー。製菓衛生師の資格を活かし、”簡単・美味しい・見栄えよし”の3拍子揃ったキャンプ飯を考案する日々。ここ数年は子どもと気軽にできるデイキャンプに夢中。

BE-PAL

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加