阪神 要所の七回は岩崎が0封、9試合連続無失点 中継ぎ陣が盤石リレー

阪神 要所の七回は岩崎が0封、9試合連続無失点 中継ぎ陣が盤石リレー

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/06
No image

6回、好リリーフをみせた阪神・岩貞祐太=神宮(撮影・飯室逸平)

「ヤクルト5-11阪神」(4日、神宮球場)

阪神の中継ぎ陣が盤石なリレーを見せた。

同点の六回は馬場が2死を取り、代打・松本友に四球を与えたところで岩貞がマウンドへ。きっちりと山崎を左飛に仕留め、チームの勝ち越しを呼び込んだ。

山田、村上と強打者に打順が巡る七回は岩崎。1死から山田に四球こそ与えたが、村上は空振り三振、オスナは一飛に抑えた。これで9試合連続無失点。「今日も0点で抑えることができて良かったです」と振り返った。

八回に登板した防御率0・00の小林は1死三塁から西浦に適時打を浴びたが、続く代打・川端を併殺打に仕留めた。

九回に打線が爆発し、6点差となったためマウンドには守護神・スアレスではなく、小野が上がった。ピンチは招いたが、無失点で抑え、試合を締めくくった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加