マンC・グアルディオラ監督 メッシの“生涯バルセロナ”希望、教え子への思い語る

マンC・グアルディオラ監督 メッシの“生涯バルセロナ”希望、教え子への思い語る

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/21

マンチェスター・シティー(イングランド)を率いるペップ・グアルディオラ監督(49)が、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)について“生涯バルセロナ”を希望した。

No image

マンチェスターCのグアルディオラ監督(AP)

バルセロナでプレーし、指揮官も務めたグアルディオラ監督は19日に2021年で満了するマンチェスター・シティーとの契約を2年延長したばかり。これを受けて英メディアではメッシのマンチェスター・シティー移籍への布石との見方も出ていたが、スペイン人指揮官は20日の会見で「レオ(メッシ)はバルセロナの生え抜き選手だ。選手、監督として私にすべてを与えてくれたバルセロナに大きな感謝の気持ちを持っている。私の意見としては、バルセロナでキャリアを終えてほしい」と語った。

「これは私の希望だ。これまで何度言ってきたか分からないし、たぶん1000回くらい言ってきたと思うが、1人のバルセロナファンとして、レオにバルセロナで引退してほしい」とあくまで個人的な希望とした上で、教え子への思いを繰り返した。

メッシは8月に退団する意向をバルセロナに通告したものの、結局残留した。現契約は2021年6月で満了するため、その後はフリーで移籍することが可能となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加