「最高の弟」。メンタル改善のFW村越琉威が飯塚のために走り、戦い、松本MFの兄が立てなかった全国へ!

「最高の弟」。メンタル改善のFW村越琉威が飯塚のために走り、戦い、松本MFの兄が立てなかった全国へ!

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/07/20
No image

課題を改善し、“大人になった”FWが兄超えを果たした。インターハイ福岡県代表校、飯塚高のFW村越琉威(3年=esporte 藤沢出身)はスピードとフィジカル能力、そして得点力が強み。福岡県予選では東福岡高との準決勝で先制点に絡み、筑陽学園高との決勝では先制点に繋がるPKを獲得した。

大会を通じて得点できなかったことを悔しがったが、それでも前線でのハードワークと攻撃力でチームの全国大会初出場に貢献。「1年生の頃から出させてもらって(これまでは)最終的には負けで終わってしまって、本当悔しくて、色々な人に何回も課題を聞いたりして、そこを真剣に取り組んで、だんだん成長して行って、このインターハイに最高のコンディションで臨めた結果、優勝できて目標がかなったので良かったです」と笑顔を見せた。

1年時から評判のアタッカーだった一方、課題となっていたのが、メンタル面だ。本人も「本当メンタルがダメと言われ続けてきたので……」と振り返る。集中力を欠いてしまったり、試合中、味方に怒りをぶつけてチームの雰囲気を悪くしてしまうことも多かった。

その課題を改善するために、メンタルコーチに意見を求め、意識して生活。「(自分から崩れて)自分のプレーも悪くなったら嫌なのでだいぶ変わりましたね。(プレーも変化し)今はしっかり仲間の動きを見て、自分も失わないようにしっかりと仲間を使いながら最終的にはゴールに飛び込むことを意識しています」。“やんちゃ”な雰囲気のあった1年時とは見違えるほどに変化。落ち着いて自分の意見を発したり、プレーしていることが印象的だった。

「1年の時みたいに言っていたらピッチで成功していないし、大人になって。でも、尖らすところは尖らして。全国では負けたら終わりなので、自分たちのサッカーも出しつつ、自分の個性も発揮して、しっかりとゴールを決めてチームを勝たせたいです。身体の強さとか足の速さ、競る強さ、あとしっかりゴールを決められるところを見て欲しいです」と静かに力を込めた。

村越は、2歳年上の兄・MF村越凱光(現・松本山雅FC)の後を追って神奈川県から福岡県の飯塚へ進学。3年時に主将の兄が達成できなかった全国初出場を、弟が見事に成し遂げた。「兄貴が取れんかった優勝を自分が取れて、『最高の弟』みたいに言われました(微笑)」。兄は飯塚で人間的に大きく成長し、プロ入りを果たした。中辻喜敬監督も認めたように、弟も飯塚で人間力を高めてピッチでも活躍中。歴史を塗り替えた弟は、全国でもチームのために走り、戦って勝ち上がる。

(取材・文 吉田太郎)●【特設】高校総体2021

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加