ねぶた観覧特等席は100万円!1日1団体限定、青森県産食材、特別解説...プレミアムな夜堪能

ねぶた観覧特等席は100万円!1日1団体限定、青森県産食材、特別解説...プレミアムな夜堪能

  • Web東奥|東奥日報社
  • 更新日:2022/08/06
No image

ホテル青森の敷地内に設けた特別観覧席からねぶたを楽しむ利用客たち=5日午後8時ごろ

全国の祭りのプロモーションなどを行う会社「オマツリジャパン」(東京)と青森県が1日1団体限定100万円で提供する、青森ねぶた祭の特別観覧席が5日、お目見えした。県外から訪れた最初の利用客8人は、目の前で動き回るねぶたに歓声を上げ、高級感あふれる特別な一夜を満喫した。

ホテル青森の敷地内に設けられた観覧席は約2.5メートルの高さにあり、ねぶたの運行が見渡せる。青森市の竹浪比呂央ねぶた研究所が制作した照明器具もあしらわれ、青森県の食材を使った料理や地酒が利用客に振る舞われた。

さらに、同研究所のねぶた師・手塚茂樹さんの解説付き。利用客からは「ねぶたは祭りが終わったらどうなるのか」「ねぶた師は制作をどこまで担うのか」など次々と質問。ねぶたがやってくると、「すごい」と口々に話し、写真に収めていた。

席を購入したのは、東京で複数の会社を経営する、新郷村出身の宮澤伸幸さん(44)。祭りを最大限楽しめる席-として友人たちを招待した宮澤さんは「初めて来た。実際に見ないと、この迫力は分からない」と興奮気味に話した。

同社と県は、特別観覧席で祭りの付加価値を高めて収益化し、地域に還元しようと今回の企画を実施した。売り上げは県内のねぶた関係団体に還元する予定。加藤優子社長は「普段ねぶたを見ない人が来るきっかけになれば」と語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加