『イカゲーム』Netflix史上最大のヒット作に 配信後1カ月で1.1億人が視聴

『イカゲーム』Netflix史上最大のヒット作に 配信後1カ月で1.1億人が視聴

  • Real Sound
  • 更新日:2021/10/14
No image

Netflixオリジナルシリーズ『イカゲーム』 Netflixにて全話独占配信

世界各国で社会現象を巻き起こしている、Netflixオリジナルシリーズ『イカゲーム』が配信後1カ月で同サービス史上最大のヒット作となったことを米Netflixが発表した(参照:How Many People Have Watched ‘Squid Game’ So Far? Netflix Viewing Figures Revealed、‘Squid Game’ Draws 111M Views In First Month, Per Netflix, Besting ‘Bridgerton’ To Become Top All-Time Series Launch)。

発表によると、『イカゲーム』は2021年9月17日の配信後、28日間で1億1,100万人以上が視聴。従来の最高記録だった『ブリジャートン家』(2020年)の82万世帯を大幅に上回ったほか、1億の大台を突破するのはNetflix史上初となる(なお、Netflixは2分以上の視聴を計測対象としている)。

『イカゲーム』は31言語の字幕、および13言語の吹き替えに対応しており、配信後すぐに90カ国にてNo.1を獲得。韓国発のオリジナルシリーズが、アメリカのNetflixにて首位に輝くのは本作が初めてとなった。現時点では、「トップ10」リストがある94カ国すべてでNo.1を保持している。

本作はSNSでも絶大なる話題を呼び、原題のハッシュタグ「#squidgame」はTikTokのみで累計372億回再生を記録。また、劇中に登場する緑と白のジャージは飛ぶように売れ、Vansの白いスリッポンに至っては売り上げが7800%増加したとも伝えられた。

Netflixは2015年から韓国映画・ドラマへの投資を実施。アジア太平洋地域(インド除く)のコンテンツを統括するキム・ミニョン氏は、『イカゲーム』の大ヒットを受けて、「我々が夢見ていたものを大きく超える」成果だとコメントを発表した。(リアルサウンド編集部)

稲垣貴俊

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加