日大三 12安打12得点快勝も 真ん中の変化球の見逃しに監督怒号

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/07/23

◇第103回全国高校野球選手権西東京大会4回戦 日大三12-0東京都市大等々力(2021年7月21日 スリーボンドスタジアム八王子)

日大三は東京都市大等々力に12安打12得点で快勝。3番・井坪朝陽(3年)は2回に右越え3ランで5回コールド勝ちに貢献したが、小倉全由監督に怒鳴られた。

3回2死満塁で2球目の真ん中のカーブを見逃し、3球目で平凡な遊飛。直球を本塁打した直後だけに「それ(真ん中の変化球)を打たなきゃ意味ないだろッ!」と厳しい声が響いた。

井坪は「(3ランは)入ってよかった。でも、まだ甘さがある」とネジを巻き直していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加