韓国外交長官「中国は朝鮮半島平和プロセスを一貫して支持してほしい」

韓国外交長官「中国は朝鮮半島平和プロセスを一貫して支持してほしい」

  • WoW!Korea
  • 更新日:2021/09/15
No image

韓国外交長官「中国は朝鮮半島平和プロセスを一貫して支持してほしい」(画像提供:wowkorea)

韓国のチョン・ウィヨン(鄭義溶)外交部(外務省に相当)長官は15日、韓国を訪問中の中国の王毅国務委員兼外相に朝鮮半島平和プロセスを一貫して支持してほしいと求めた。

鄭長官はこの日、ソウルの外交部庁舎で開かれる会談に先立ちメディアに公開された発言において、「中韓両国は朝鮮半島の完全な非核化と恒久的な平和定着という共同の目標達成のための核心パートナーとして緊密に協力してきた」と述べた。

鄭長官は新型コロナウイルスパンデミックの中でも王外相が5か月ぶりに再び訪韓したことについて、「中韓両国の緊密な協力関係をよく表している」と評価した。また、新型コロナウイルス状況の中でも両国の交易量がむしろ増大しており、必須人員の交流を履行するための迅速通路の開設や防疫保健協力体を発足して協力するなど、さまざまな分野での協力が強化されていると説明した。

来年は修交30周年を迎え両国間の関係を強化するためのさまざまな努力がなされていると述べた。鄭長官は、「中韓文化交流の年を迎え両国間の人的・文化的交流がより拡大し、国民相互間の理解と議論もさらに豊かになるものと期待する」と述べた。

また、「きょうの会談が中韓の戦略的協力パートナー関係を充実化させ、未来志向的に発展させていくことのできる方案に関し、幅広い意見を交換したい」とし、「新たな感染病予防および気候変動対応のようなグローバル挑戦に乗り出し、世界平和と繁栄のためともに努力していく方案も模索したい」と強調した。

王外相は、「中韓両国は近い隣国であり、互いに離れることのできないパートナー」とし、「修交から30年間、両国は相互根絶された状態から密接な交流をし、互いにぎこちない関係から戦略的協力パートナーを構築するようになり、不断に新たな段階に進んでさらに成熟し安定している」と述べた。

この日の会談で両長官は、両者関係の強化はもちろん、朝鮮半島問題と国際情勢について幅広い議論を行うものとみられる。会談が終わった後、王外相は青瓦台(チョンワデ、大統領府)を訪問しムン・ジェイン(文在寅)大統領を表敬訪問する。

特に、北朝鮮がヨンビョン(寧辺)の核施設を再稼働した兆候を示し、長距離巡航ミサイルを発射するなどの挑発に出た状況で、深い議論がなされるものと予想される。この過程で北朝鮮との対話を実現させるためにどんなメッセージが出されるかに注目が集まる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加