吉田羊、夫役の“俳優”矢作兼の修正力を絶賛「せりふとんでもOKテイクにしてしまう」

吉田羊、夫役の“俳優”矢作兼の修正力を絶賛「せりふとんでもOKテイクにしてしまう」

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2020/10/17
No image

TBS系連続ドラマ『恋する母たち』の制作発表会見に出席した吉田羊 (C)ORICON NewS inc.

女優の木村佳乃、吉田羊、仲里依紗が17日、都内で行われた23日スタートのTBS系連続ドラマ『恋する母たち』(毎週金曜 後10:00)の制作発表会見に出席した。

【写真】木村佳乃、吉田羊、仲里依紗ら豪華女優陣が集結!

本作で吉田が演じる優子の夫で、売れない小説家・シゲオ役の矢作兼について聞かれた吉田は「矢作さんのお芝居が本当にすてきなんです」と絶賛。「本番直前まで練習をされているんですが、本番ではせりふがとんでしまうんです。それでもOKテイクにしてしまうのは、お笑いライブで鍛えられたものなんだろうなと思います」とミスをしてもすかさず修正する矢作の応用力に驚きの様子。

2人の息子役を演じる奥平大兼も「対応とかも自分のお父さんのようなので接しやすいですね。役的にも助かっています」と感謝。母・吉田については「カメラが回っていないところでも役を作ってくださり、僕の演技をそのまま受け止めてくれるのでやっていて楽しいです」と笑顔を見せた。

『嫁はミツボシ。』以来、19年ぶりにTBS系連続ドラマで主演を務める木村は「時の流れを感じます」と苦笑いしつつ「原作の漫画を好きで読んでいたんです。やったことのないタイプの役ですし、お話をいただけてうれしいです」と意気込んだ。

本作は恋愛マンガのカリスマ・柴門ふみ氏による原作をもとに、『大恋愛~僕を忘れる君と』(2018年)のヒットが記憶に新しい恋愛ドラマの名手・大石静氏が脚本を手がける極上のラブストーリー。夫と一人息子と何不自由ない生活を送っていたが、ある日突然夫が失踪。息子をシングルマザーとして育てる杏を木村。バリバリのキャリアウーマン・林優子を吉田、キラキラしたセレブ妻・蒲原まりを仲が演じる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加