【甲子園の主役はオレだ・北信越】日本文理・田中晴也、最速150キロの大砲

【甲子園の主役はオレだ・北信越】日本文理・田中晴也、最速150キロの大砲

  • スポーツ報知
  • 更新日:2022/08/06
No image

第104回全国高校野球選手権大会が6日、開幕する。各地区の本紙の「イチオシ選手」を紹介する。

* * * *

日本文理を投打でけん引するのはエースの田中晴也(3年)。新潟大会準決勝では自身最速の150キロを記録。圧巻の投球で三振を奪い取り、ピンチの場面ではギアを上げ、チームにとって必要不可欠な存在だ。186センチ、92キロの恵まれた体格で、打っては3番を任され、長距離砲として3大会連続の夏の甲子園出場へ導いた。過去11度出場するも09年はあと一歩届かず準優勝。初の全国制覇へ田中の活躍が鍵となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加