名古屋が暫定2位浮上!!マテウス!阿部!GX!好調湘南に3発快勝

  • ゲキサカ
  • 更新日:2020/11/21
No image

[11.21 J1]第28節 名古屋3-1湘南 豊田ス]

名古屋グランパスがホームで湘南ベルマーレを3-1で下し、2連勝を飾った。勝ち点を55に伸ばした名古屋。明日22日に試合を残すガンバ大阪(対浦和)と同勝ち点の暫定2位に浮上した。

先制点はまたこの男の“ゴラッソ”だった。名古屋は前半12分、敵陣でボールを奪ったMFマテウスがシュートコースを作って左足を一閃。ミドルレンジから放たれた無回転気味のシュートが一直線にゴールに向かうと、GK谷晃生も処理しきれないコースに突き刺さる。ゴール後には昨日20日に誕生したFWガブリエル・シャビエルの第1子を祝うゆりかごダンスが贈られた。

しかし湘南もすぐに追いついてみせる。前半17分、左サイドで得たCKをMF松田天馬が蹴ると、ファーサイドで競り勝ったDF坂圭祐がヘディングで合わせる。シュートはFW中川寛斗に当たるが、跳ね返ったボールを再び坂が押し込むと、ループ気味のシュートがゴールラインを越え、湘南の同点弾になった。

ただ来季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場圏争いの中、下位相手に取りこぼしたくない名古屋は、後半に入って一気に突き放すことに成功する。まずは6分、DF吉田豊のロングパスを裏で受けたMF前田直輝のポストプレーからFW阿部浩之に渡る。そして阿部が右足で狙いすましたシュートをゴール右隅に沈めて、勝ち越し点を奪う。

さらに後半11分、カウンターからMF稲垣祥がボールを運び、左のマテウスに展開。マテウスは逆サイドにクロスを上げると、シャビエルがダイレクトで合わせてリードを広げる。名古屋は守っても、3連勝、6戦負けなしと好調の湘南に反撃機会を与えず、ホームでしっかりと勝ち点3を積み上げた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2020シーズンJリーグ特集ページ

●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加