貝塚駅近くにJR鹿児島線“新駅”設置へ

貝塚駅近くにJR鹿児島線“新駅”設置へ

  • FBS福岡放送
  • 更新日:2020/10/16
No image

JR九州は、福岡市東区の貝塚駅近くに鹿児島線の新たな駅を設置することを決めました。2025年の開業予定です。

JR九州は、福岡市東区の貝塚駅近くに鹿児島線の新たな駅を設置することを決めました。2025年の開業予定です。

新たな駅が設置されるのは、JR鹿児島線の箱崎駅と千早駅の間で、福岡市地下鉄と西日本鉄道が接続する貝塚駅の東側です。

周辺では、九州大学箱崎キャンパス跡地の再開発が進められていて、住民協議会からの要望を受け、JR九州が設置を決めました。

現在、貝塚駅から博多駅へ地下鉄で向かうには、中洲川端駅で空港線に乗り換える必要がありますが、新駅が設置されれば、乗り換えの必要はなくなります。

JR九州は今後、福岡市が計画している駅周辺の再開発事業と連携しながら、新駅設置の具体的な準備を進めるということです。

新駅は2025年の開業予定で、JR九州では1日4800人の利用客を見込んでいます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加