アンガ田中、人生初の文春直撃で「バイキングの経験生きた」 それでも「震えた」

アンガ田中、人生初の文春直撃で「バイキングの経験生きた」 それでも「震えた」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/06/23
No image

アンガールズ・田中卓志

アンガールズの田中卓志が22日、テレビ東京系「あちこちオードリー」で、芸能人生で初めて週刊文春の直撃を受け、コメンテーターを務めていたフジテレビ系「バイキング」での経験が生きたと振り返った。

この日は田中とNEWSの増田貴久がゲスト。話は、田中が初のMCを務めた「呼び出し先生タナカ」の話題に。田中が「いろいろあって」などと苦笑いで振り返ると増田がわざとらしく「何かあったんですか?」と質問。田中は「パクり疑…誰がパクりだよ!」とツッコミ「MCやったら文春に直撃されるんだって、芸能人性初」と、週刊文春に直撃されたことを振り返った。

田中がMCを務める「呼び出し先生タナカ」が、一部で「めちゃ×2イケてるッ!」の「抜き打ちテスト企画」に酷似していると報じられ、文春オンラインでも田中の直撃記事が掲載されていた。

田中は「家を出たところで、車の影から来るんだね」と記者の登場シーンを振り返り「すぐに『週刊文春です』って名刺渡されて。何のことかな、俺の彼女のことかなって…」と直撃理由が分からず、恐怖に陥ったという。

すると「すぐ、『タナカ先生』の件で岡村さんに電話したらしいですねって」と、記者はすでに田中がナインティナインの岡村隆史に連絡していたことを把握しており「こいつ、どこまで知ってるんだ?」と疑心暗鬼に。だがすぐに「ここでバイキングの経験がでたの。生放送のスイッチがバチッと」と、田中が長年コメンテーターとして出演した「バイキング」での経験を思い出したという。

坂上忍がMCの「バイキング」では、何度も週刊文春のネタを取り上げており、そのたびに隠したり、嘘をつくと、二の矢、三の矢が飛んでくることを常に言い続けていた。オードリーの若林正恭も「全部正直に話した方がいいというスタイルですもんね」と振り返った。

田中は「そうそう。だから丁寧にバーッとしゃべったら向こうも質問がなくなっちゃって、最後は俺のタクシー止めてくれた」とコメント。そして「めちゃめちゃ震えたよ。こういう状況になったとき、MCはどうすればいいのか全く分からない」と、相当動揺していたと振り返っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加