祈りのカルテ:第8話 “諏訪野”玉森裕太、研修で皮膚科へ 大やけどの患者役で山崎紘菜が登場

祈りのカルテ:第8話 “諏訪野”玉森裕太、研修で皮膚科へ 大やけどの患者役で山崎紘菜が登場

  • MANTANWEB
  • 更新日:2022/11/25
No image

連続ドラマ「祈りのカルテ 研修医の謎解き診察記録」第8話の一場面=日本テレビ提供

人気グループ「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」の玉森裕太さん主演の連続ドラマ「祈りのカルテ 研修医の謎解き診察記録」(日本テレビ系、土曜午後10時)第8話が11月26日に放送される。

【写真特集】松雪泰子が居酒屋でノリノリに! 第8話場面カット

諏訪野(玉森さん)は冴木(椎名桔平さん)から預かった洗顔料を広瀬(原田泰造さん)に届ける。「広瀬さんが冴木先生たちと同期なんて知らなかったです。なんでやめたんですか?」と聞く諏訪野に、広瀬は「まあ、いろいろあって」と答える。何も知らない諏訪野は「今度サウナ行きましょう」と無邪気に笑い、広瀬は複雑な心境になる。

初期研修も1年10カ月目となり、諏訪野と橘(堀未央奈さん)の研修は皮膚科。指導医の桃井佐恵子(りょうさん)は「医者は患者さんに見られる仕事」と、身だしなみに厳しい。

皮膚科に、右足に大やけどをした守屋春香(山崎紘菜さん)が運ばれてきて入院する。諏訪野は春香の患部に軟こうを塗ろうとして、やけどの横に黒いシミを見つける。手でこすると春香は「痛っ」と反応。その夜、春香は松葉づえを使って病室を抜け出し……。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加