【高校野球】大阪桐蔭の188センチ右腕・川原嗣貴が7回無失点 自身初の背番号1に「責任感も増す」

【高校野球】大阪桐蔭の188センチ右腕・川原嗣貴が7回無失点 自身初の背番号1に「責任感も増す」

  • スポーツ報知
  • 更新日:2022/05/14
No image

◆春季大阪大会 ▽準々決勝 大阪桐蔭5―0大体大浪商(14日・大阪シティ信用金庫スタジアム)

今春センバツ王者・大阪桐蔭が大体大浪商との準々決勝に勝利し、準決勝進出を果たした。今大会で初めて背番号1を背負うプロ注目の188センチ右腕・川原嗣貴(3年)は先発で6回を無失点に抑えると、左翼守備を挟んで9回から再登板。計7回で13三振を奪い、無失点に抑えた。

初回は2死から連打と四球で満塁のピンチを背負ったが、空振り三振で切り抜けると尻上がりに調子を上げた。「立ち上がりは思い切りの良さがなかったが、(2回に)味方が先制してくれて思いきっていけた」。2~6回までは単打1本に抑え、チームに流れを呼び込んだ。再登板した9回は1死から連打で一、二塁とされたが2者連続三振で後続を断った。

センバツでは鳴門(徳島)との1回戦で1失点完投し、国学院久我山(東京)との準決勝では先発で7回2失点。近江(滋賀)との決勝では8回から2イニングを無失点に抑えて胴上げ投手にも輝いた。西谷浩一監督は「センバツでの結果を見たら1番を背負ってということで」と川原の活躍を評価。大阪桐蔭では初めての背番号1に右腕は「背番号1を目指して入学してきた。責任感も増す」と明かした。

この日の勝利で現チームは昨秋の大阪大会から公式戦の連勝を25に伸ばした。「春の大阪大会であっても負けるつもりはない」と川原。新エースが常勝軍団をけん引する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加