【ウクライナ戦速報】浦和・塩越が代表デビュー戦で2ゴール!なでしこ、4点リードで後半へ

【ウクライナ戦速報】浦和・塩越が代表デビュー戦で2ゴール!なでしこ、4点リードで後半へ

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/06/10
No image

初出場で早速ゴールを記録した塩越(中央)。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

国際親善試合のなでしこジャパン対女子ウクライナ代表の一戦は6月10日、エディオンスタジアム広島で15時15分キックオフで行なわれている。

日本は、GK山下杏也加、DFは右から清水梨紗、熊谷紗希、宝田沙織、北村菜々美、MFは塩越柚歩、中島依美、三浦成美、長谷川唯、FWは岩渕真奈と菅澤優衣香が名を連ねた。

キャプテンの熊谷は昨年3月以来の出場。MF塩越はこれが代表デビューとなった。

試合は、立ち上がりピンチを招く。開始3分にロングボールから16番のオルハ・オウディチュクにディフェンスライン裏へ抜け出されるものの、身体を張った守備でシュートを許さず何とかクリアに成功する。

すると直後の5分、今度は日本がロングボールからチャンスを掴む。左サイドに出たボールは、一度は相手に拾われるものの、岩渕が積極的にプレスを仕掛け、これを奪うと、ペナルティエリア内に侵入。タイミングを外したマイナスのパスを中央に送ると、菅澤がスルー。走り込んだ塩越が右足を振り抜き、ゴール右のネットを揺らす。塩越は代表初ゴールを記録した。
攻め手を緩めない日本は30分、右サイドを駆け上がった中島からのクロスを岩渕が中央でダイレクトボレ―。豪快なシュートでネットを揺らしリードを広げた。岩渕はこれが代表32ゴール目となった。

38分には右CKから中央で待ち受けた宝田が豪快ボレー。年代別代表を務めてきた宝田もこれがフル代表での初ゴールとなった。

さらに41分、相手ペナルティエリア付近でこぼれ球に反応した塩越がゴール左にシュートを流し込み、この日2点目をゲットしている。

前半は日本が4点をリードして折り返している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加