ベストセラー小説『ボクたちはみんな大人になれなかった』森山未來主演でNetflix映画化!

ベストセラー小説『ボクたちはみんな大人になれなかった』森山未來主演でNetflix映画化!

  • RBB TODAY
  • 更新日:2020/11/20
No image

ベストセラー小説『ボクたちはみんな大人になれなかった』森山未來主演でNetflix映画化!

もっと画像を見る
Netflix映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』が2021年に配信される。

原作は、2016年に初版発行されて以来、世代を超えて共感の声が広まり続けている『ボクたちはみんな大人になれなかった』(新潮文庫)。ウェブメディアの連載やSNS上で大きく話題を呼び、あいみょんを始め、糸井重里、小沢一敬、会田誠、吉岡里帆、EXITの兼近大樹といった様々なジャンルのクリエイターや著名人から絶賛されている。

物語は、ある朝の満員電車の中で、昔フラれた大好きだった彼女に間違えてフェイスブックの「友達申請」を送ってしまった主人公「ボク」の混沌とした1日から始まる。映画では主人公「ボク」を森山未來が演じ、演出家として欅坂46やサカナクションなどのMVも手掛ける森義仁が監督を務める。なお、森は本作が映画監督としてのデビュー作となる。

森山は原作について、「『失われた10年』とも言われる1990年代。そんな不安定な時代に、恋に音楽に仕事に燃えたどこの馬の骨ともしれない主人公。過ぎ去った、その後には何が残っているのだろう。今になってその燃え殻をどう見つめるのだろう。視線をそむけようとも、ただ静かに見守るしかない。この物語にはエンドロールはひとつしかない、ですよね。」とコメントしている。

Netflix映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』は、2021年Netflixにて全世界配信予定。

かいこま

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加