NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
「エースの仕事をした」「心強かった」...同点弾の岩渕を指揮官も仲間も絶賛

「エースの仕事をした」「心強かった」...同点弾の岩渕を指揮官も仲間も絶賛

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/07/22
No image

[7.21 東京五輪GL第1節 日本女子 1-1 カナダ女子 札幌ド]

苦しむチームを救ったのはエースだった。なでしこジャパン(日本女子代表)FW岩渕真奈は「全員の気持ちが乗ったゴール」と値千金の同点弾を振り返った。

前半6分に先制点を献上する苦しい展開となった。1点をリードして、無理に攻めに転じないカナダ。守備に重心を置いた相手に対し、ボールこそ保持すれど、なかなか好機を作れない時間帯が続いた。後半5分に得たPKの好機もFW田中美南のシュートがストップされるなど、同点に追い付けないまま終盤を迎える。

ここで輝いたのが、背番号10だ。右サイドでMF長谷川唯がボールを受けると、背後へと抜け出そうとする。「前後半通して、足元に受けるシーンが多かったけど、ボールを受けた唯もフリーだし、自分のマーカーが食い付いたが見えたので、思い切って裏に走った」。長谷川が最終ライン裏に落としたボールにいち早く到達すると、相手GKのタイミングを外す巧みな右足シュートでネットを揺らした。

貴重な同点ゴールとなり、厳しい戦いとなった東京五輪初戦を1-1のドローに持ち込んだ。

勝ち点1をもたらすゴールを奪った岩渕に対し、高倉麻子監督は「粘り強く戦う中で、最後、岩渕がしっかりエースの仕事をしてくれた」と賛辞を送れば、アシストした長谷川も「ブチさん(岩渕)は今までの経験を皆に伝えてくれたり、気持ちの強さをチーム全体に表現してくれて、自分たちの力になっている。今日、あの得点で追い付いてくれたのは本当に心強かった」と称賛した。

岩渕自身は「ゴールしたのは自分だけど、チーム全員で、全員の気持ちが乗ったゴールだった」と仲間への感謝を示しつつ、「今日は引き分けという非常に悔しい試合になった。次はしっかり勝利を日本の皆さんに届けられるように頑張りたい」と視線を次戦へと向けた。

(取材・文 折戸岳彦)●東京オリンピック(東京五輪)特集ページ

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加