【九州場所】高安が単独トップ11勝 10歳年下・王鵬を上手投げ「コツコツ体つくってきた」

【九州場所】高安が単独トップ11勝 10歳年下・王鵬を上手投げ「コツコツ体つくってきた」

  • 東スポWEB
  • 更新日:2022/11/25
No image

王鵬(左)の攻めをしのいだ高安

元大関の貫禄を見せつけた。大相撲九州場所13日目(25日、福岡国際センター)、幕内高安(32=田子ノ浦)が幕内王鵬(22=大嶽)を下して11勝目(2敗)。左差し右上手で一気に攻め、最後は上手投げで土俵にはわせた。

「昭和の大横綱」大鵬を祖父に持つ22歳を圧倒。取組後は「(立ち合いから)しっかり当たれた。落ち着いて取れたと思う。(同じ一門で)稽古場でも胸を合わせたことあるので、ベストを出すことができた」と納得の表情だった。

この日は関脇豊昇龍(立浪)が敗れ、優勝争いで単独トップに立った。昨年は腰痛など故障に悩まされたが「下位に下がったけど、コツコツ体つくってきた。今年ようやく力が発揮できるようになって、いい相撲が取れている」と自信を見せる。3月の春場所、9月の秋場所であと一歩届かなかった賜杯。今度こそ手にするつもりだ。

東スポWEB

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加