ちょっとハイソな家庭に愛された、ミドルクラスの上品ハッチバック|1981年式 ホンダ アコード LX ハッチバック Vol.3

ちょっとハイソな家庭に愛された、ミドルクラスの上品ハッチバック|1981年式 ホンダ アコード LX ハッチバック Vol.3

  • Nosweb.jp
  • 更新日:2021/10/14
No image

【1981年式 ホンダ アコード LX ハッチバック Vol.3】

そして、いまでは当たり前となっている、スピードに応じて操舵感が可変するパワーステアリングもこの時期に開発され、アコードには純正オプションとして設定されていた。

こうした技術的な特徴に加えて、FF車ならではの広い室内空間の実現と大きなトランク容量が、FR車が主流のミドルクラス市場にも受け入れられ、好調なセールスにつながったと考えられる。

しかも新しいものに興味を持つおしゃれな層に人気があったので、イメージはより良いものになっていった。

販売が好調だったアコードだが、長く乗り続けるオーナーは少なく、国内ではどんどん姿を消し、近年では見かけないクルマになってしまった。

高級車ではないクルマにも、高いレベルで最新技術を投入するホンダらしさを具現化したアコード。このクルマの本当の価値を、もっと知っておくべきだろう。

室内はどこを見てもキレイなど【写真24枚】

1981年式 ホンダ アコード LX ハッチバック(北米仕様)

SPECIFICATIONS 諸元

全長 4145mm

全幅 1620mm

全高 1340mm

ホイールベース 2380mm

トレッド前/後 1400mm/1390mm

最低地上高 165mm

室内長 1745mm

室内幅 1315mm

室内高 1120mm

乗車定員 5名

車両重量 860kg

エンジン形式EF CVCC水冷直列4気筒SOHC

総排気量 1750cc

ボア×ストローク 77.0mm×94.0mm

圧縮比 8.8:1

最高出力 75hp/4500rpm

最大トルク 93.3lb.ft/3500rpm

燃料タンク容量 50L

サスペンション形式 マクファーソンストラット

ブレーキ前/後 ディスク/PCV付きリーディングトレーリング

タイヤサイズ 165SR13

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加