橋本聖子会長「心よりお祝い」2032年ブリスベン五輪開催決定に

橋本聖子会長「心よりお祝い」2032年ブリスベン五輪開催決定に

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/22
No image

橋本聖子東京五輪・パラリンピック組織委員会会長(21年3月撮影)

国際オリンピック委員会(IOC)の第138次総会が21日、都内で2日目を迎え、2032年のオリンピック(五輪)・パラリンピックの開催都市をブリスベン(オーストラリア)に決めた。同国では56年メルボルン、00年シドニー以来3度目の開催となる。

東京オリンピック(五輪)・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長(56)がコメントを発表。全文は以下の通り(原文まま)。

東京で開催されているIOC総会において、2032年ブリスベン大会の開催が正式に決まりました。ブリスベン及びオーストラリアの皆さまに、心よりお祝いを申し上げます。

この1年間、世界のスポーツ界は、新型コロナウィルスという困難に直面しましたが、バッハ会長の力強いリーダーシップと信念のもと、オリンピック・ムーブメントは着実に歩みを進め、このたびのブリスベン大会の決定を迎えたものと感じています。

史上初の大会延期となった東京2020大会は、様々な課題に挑戦する大会となりますが、東京からパリ、パリからロサンゼルス、そしてブリスベンへと、東京2020大会がもたらすレガシーとともに、オリンピック・ムーブメントが各都市に引き継がれ、発展していくものと確信しております。

東京2020組織委員会は、コロナ対策、ジェンダー平等の推進、東京モデルの構築と継承という3つの重点施策を掲げ、大会開催に向けて準備に努めてまいりました。オリンピックの本質的な価値に迫り、必ずや大会を成功させ、スポーツの力で、よりよい世界への変革に貢献したいと思います。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加