ローリング・ストーンズ、復帰公演となったミラノ公演でシャネル・ヘインズを迎えることに

ローリング・ストーンズ、復帰公演となったミラノ公演でシャネル・ヘインズを迎えることに

  • NME Japan
  • 更新日:2022/06/23
No image

Photo: GETTY

ザ・ローリング・ストーンズはミック・ジャガーの新型コロナウイルス感染後、初となった公演で“Gimme Shelter”にゴスペル・シンガーのシャネル・ヘインズを迎えている。

「シックスティ」ツアーの一環で現地時間6月21日に行われたイタリアのミラノ公演でザ・ローリング・ストーンズは19曲を披露している。この直前に予定されていたアムステルダム公演とベルン公演は延期されており、アムステルダム公演は来月に振替公演が行われるものの、ベルン公演は中止されている。

シャネル・ヘインズはミラノ公演を不特定の理由で休むことになったバック・シンガーのサシャ・アレンに代わって出演している。クインシー・ジョーンズの門下であるシャネル・ヘインズはトリニティー・ファイヴ・セヴンの一員として知られており、ティナ・ターナーのミュージカルの英国版では主演を務めていた。

観客が撮影した“Gimme Shelter”の映像はこちらから。

ザ・ローリング・ストーンズはタイトル通り1962年6月に結成された結成60周年にちなんだ「シックスティ」ツアーを行っている。ツアー初日の公演でザ・ローリング・ストーンズは“Out Of Time”をライヴで初披露したほか、リヴァプール公演ではザ・ビートルズに敬意を表して1963年発表の“I Wanna Be Your Man”を披露している。

ツアーではザ・ローリング・ストーンズがステージに上る前に昨年8月に亡くなったドラマーのチャーリー・ワッツに追悼の意を表した映像が上映されている。チャーリー・ワッツに代わってドラムはスティーヴ・ジョーダンが担当している。

ザ・ローリング・ストーンズはライヴ・アルバム『ライヴ・アット・エル・モカンボ』が今年5月にリリースされている。また、結成60周年を記念してバンドメンバーの独占インタヴューを含むBBCによるドキュメンタリーとラジオ番組が放送されることが決定している。全4話の『マイ・ライフ・アズ・ア・ローリング・ストーン』は今夏にBBC 2で放送される予定で、それぞれ1時間の放送で、ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、ロニー・ウッド、チャーリー・ワッツという4人のメンバーを取り上げたものとなる。

ザ・ローリング・ストーンズは6月25日にロンドンのハイド・パーク公演を行う予定となっている。

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加