阪神サンズ快音「目を慣らしていく」一塁守備も無難

阪神サンズ快音「目を慣らしていく」一塁守備も無難

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/23
No image

阪神対DeNA 4回裏阪神無死、サンズは左中間越え二塁打を放つ(撮影・加藤哉)

<練習試合:阪神1-4DeNA>◇23日◇かりゆしホテルズボールパーク宜野座

一塁のレギュラーを争う阪神サンズ外野手が21年初実戦でいきなり快音を響かせた。

5番一塁で先発。4回に先頭で右腕阪口から左中間二塁打を放った。「ゲーム感覚を確かめられた。タイガースじゃない投手のボールを見られて良かった。シーズンに向けて、これからも目を慣らしていきたい」。今季から再挑戦中の一塁守備ではゴロを無難にさばき、前方の飛球にも大声でマイボールをアピール。「たくさん練習をして余裕を持ってプレーできるようにしていきたい」と笑みを浮かべた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加