星座グループ別【相手をのせる説得の仕方】蟹座・蠍座・魚座には同調心理を刺激して!

星座グループ別【相手をのせる説得の仕方】蟹座・蠍座・魚座には同調心理を刺激して!

  • 占いTVニュース
  • 更新日:2021/04/08
No image

人を説得するのは難しいもの。説得の仕方を間違えると、相手を怒らせてしまったり、人間関係にヒビを入れてしまったりして、面倒な事態にも。一体、どうすればいいのでしょうか? 星座エレメントに、説得を成功させるヒントがあります。説得する相手の星座をチェックしてください。

■相手が火の星座(牡羊座・獅子座・射手座)……相手を見込んでいることを強調する
「あなたじゃないとダメなの」「あなたの力がどうしても必要です」など、相手を高く評価していることをアピールしましょう。火の星座は周囲から特別視されたいという気持ちが強いタイプなので、「そこまでいうなら」と快く説得に応じてくれるはず。ちなみに、火の星座にはフォローも大切。「やっぱり頼りになる!」と大げさに持ち上げることで、そのあとのやりとりがスムーズになるでしょう。

■相手が地の星座(牡牛座・乙女座・山羊座)……「やらないと損」と損得勘定に訴える
タダでは動かない地の星座。説得するときは、「やらないと損ですよ」と損得勘定に訴えるのが最も効果的です。データを提示できる内容であれば、具体的なデータを添えて、プラス面とマイナス面の両方を説明しましょう。地の星座は慎重なタイプなので、メリットのみを強調しすぎると「ウソくさい」と怪しまれ、断られてしまうことも。プラス情報を多めに伝えるくらいがちょうどいいでしょう。

■相手が風の星座(双子座・天秤座・水瓶座)……好奇心をくすぐるのが効果的
おもしろいと思えるかどうかが意志決定する際の判断基準になる風の星座。説得するなら、相手が興味を持ちそうなエピソードを添えると引き受けてくれる確率が上がりそう。お願いごとの内容に話題性があれば、むしろ相手から食いついてくることも。興味ポイントがない場合は、SNSのいいネタになることを説得材料にしてもよさそう。説得するときは力を抜いて。風の星座にはさりげなさも大切です。

■相手が水の星座(蟹座・蠍座・魚座)……「みんなやってる」と同調心理を刺激する
集団に属していたいという気持ちが強い水の星座。周囲の状況が気になるタイプで、仲間外れは絶対に避けたいと思っています。そんな水の星座を説得するには、「みんなやっている」あるいは「みんながあなたを適任だと思っている」など、「みんな」を強調するとうまくいきそう。また、「私も○○しているから、あなたもどう?」といった具合に同調心理を利用するのも手。喜んで説得に応じてくれそう。

説得を成功させるには、態度も重要です。上から目線で説得しても、いい返事は期待できないでしょう。また、しつこくするのもNGです。すぐに承諾してくれないときは、時間を置いてやり直してみたください。
(夏川リエ)
※画像出典/shutterstock

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加