各種タイヤやボールに! ポータブル自動空気入れ「Samicon A7電動空気ポンプ」

各種タイヤやボールに! ポータブル自動空気入れ「Samicon A7電動空気ポンプ」

  • Techable
  • 更新日:2021/04/07

国土交通省が発表した「平成30年路上故障の実態調査結果」によると、タイヤの故障発生件数の割合が高く、「走行前にタイヤの摩耗量や外観の傷の確認及び空気圧の確認等の日常点検を確実に実施すること」が重要であるとされている。しかし、自動車タイヤの点検・調整は個人で手軽にできないというイメージもあるだろう……。

そんなイメージを覆してくれそうな製品がGREEN FUNDINGに登場した。それが、ポータブルな自動空気入れ「Samicon A7電動空気ポンプ」。複数のタイヤ・ボールなどに対応し、点検や自動充填ができる同製品は、安全な運行と労力の削減に貢献してくれるかもしれない。

素早く適正な空気入れ

No image

「Samicon A7電動空気ポンプ」は、自動車・自転車・バイク・ボールなどの空気を自動で注入できる製品。スマートチップ内蔵で、初めて使用するときに対象のものの基準となる空気圧を指定しておけば、自動停止機能により適正な空気圧になると注入を停止する仕組みだ。なお、基準値を記憶するので2回目以降の設定は不要。

空気流量は25L/分とパワフルで、もとの空気量により誤差はあるが自転車のタイヤなら約1分、バスケットボールなら約30秒、完全に空気の抜けた自動車のタイヤでも約5分という早さで満充填にすることができるという。

空気の充填はもちろん、空気圧測定機能で空気圧点検ができるのもポイント。タイヤの空気圧の過不足は故障や事故につながる可能性もあるため、こまめなセルフチェックができるのはうれしい機能だろう。

コンパクトながら充実の機能

No image

同製品は、本体に5000mAhの大容量リチウム電池を内蔵し、フル充電されている場合は約40分間の連続充填が可能となる。個数にして、自動車タイヤなら8個分、自転車タイヤなら20個分、バイクタイヤなら12個分、バスケットボールなら80個分が一度のフル充電で充填できる計算だ。なお、本体の充電ポートはType-c対応で、モバイルバッテリーや自動車からの給電も可能となる。

また、空気圧の状態や電池の残量などをLED表示するディスプレイも便利そう。くわえて、本体上部に高輝度のLED照明ライトが搭載されており、夜間の作業などでもスムーズに行えるようだ。なお、LED照明ライトは緊急時に点滅させることも可能。

そのほか抑えておきたいポイントとしては、厚み5.5cm・重さ0.68kgというコンパクトなサイズ感や、3種類のノズルつきで浮き輪やおもちゃにも使用可能なこと、噴出する空気をキーボード掃除などに活用できることなどが挙げられる。

同製品は、今なら9,828円でひとつ入手可能。2021年5月15日まで支援を受け付け、6月に発送予定とのことだ。

PR TIMES
GREEN FUNDING

(文・Higuchi)

Higuchi

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加