塗るパックで大人気、新鋭スキンケアブランド「C咖」が約17億円を調達

塗るパックで大人気、新鋭スキンケアブランド「C咖」が約17億円を調達

  • 36Kr Japan
  • 更新日:2021/10/14
No image

スキンケアブランド「C咖」がシリーズA+で1億元(約17億6000万円)を調達した。リード・インベスターは「順為資本(Shunwei Capital)」と「百麗消費基金」。同社は今年6月にプレシリーズAで「不二資本(Buer Capital)」から数千万元(数億円)を調達したばかりである。

C咖は2021年3月に始動した新興ブランド。現在、アリババ系ECサイト「天猫(Tmall)」とショート動画アプリTikTokの中国国内版「抖音(Douyin)」で月に1000万元(約1億7000万円)以上を売り上げており、中でもパックシリーズ「小罐膜」のクレンジングタイプは両プラットフォーム共に「塗るパック」ジャンルで月間売上高1位に輝いた。

同社は立ち上げ初期からオフラインチャネルでの展開を始めており、生活雑貨チェーン「KKV」や「三福(Sanfu)」など実店舗展開している多くのファッション消費ブランドと提携し、5000以上の店舗で商品を販売している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加