ウクライナ避難民 先に避難していた11組目の夫を受け入れ 妻や娘と約7カ月ぶりの再会【佐賀県】

  • SAGATVニュース
  • 更新日:2023/05/26

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

去年10月に受け入れたウクライナ避難民の家族が26日、佐賀空港に到着し、先に避難していた妻や娘と再会しました。

26日午後3時すぎ、佐賀空港に降り立ったコヴァルキン・スタニスラヴさん46歳は、去年の10月に県内では11組目の受け入れとなったウクライナ避難民の女性の夫で、約7カ月ぶりに妻や娘のマイヤちゃんと再会しました。

スタニスラヴさんは、ウクライナのキーウに1人で残っていましたが、家族で暮らしたいと避難を決意し、ビザの申請のため1カ月以上ポーランドに滞在したあと日本に来たということです。

【ラヴレンティエヴァ・ナタリアさん】

「(再会できたことが)信じられない」

【コヴァルキン・スタニスラヴさん】

「本当にありがとう(避難できたのは)奇跡的」

県や佐賀市、NPOなどでつくるウクライナ支援のネットワークは、大きな資金の一つだった日本財団の支援が終わったため、現在は新たな受け入れを休止していて、今後の見通しは立っていないということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加