高精細の3DCG映像を裸眼で! ソニーが空間を再現する15.6インチディスプレイ発売へ

高精細の3DCG映像を裸眼で! ソニーが空間を再現する15.6インチディスプレイ発売へ

  • Techable
  • 更新日:2020/10/18
No image

見る人の目や顔の位置などをリアルタイムに検出して、高精細な3GCG映像を裸眼で楽しめる空間再現ディスプレイ(Spatial Reality Display)「ELF-SR1」をソニーが発表した。

あたかも見ているものがそこに存在するかのように空間をリアルに再現するディスプレイで、特殊なメガネやヘッドセットなどを使用しないのが特徴だ。

目の位置を常に把握

No image

このディスプレイでは裸眼で3DCG映像を見られるようにするのに、リアルタイムセンシング技術を採用している。スクリーン上部に設置された高速ビジョンセンサーが視聴者の目の位置を検出し、その情報をもとにリアルタイムにレンダリングして映像を生成する、という仕組みだ。

ここでのポイントは、目の向きや顔の角度などが常にリアルタイムに把握されること。顔を動かしてもそのデータがすぐさま反映され、コンテンツの奥行きや質感など実在しているものを見ているような映像が再現される。

自然な裸眼立体視に

No image

また、マイクロオプティカルレンズをパネルの全面に超高精度に貼り付けているのも空間再現に貢献している。これはリアルタイムに生成した映像を左右の目に届けるためのレンズで、これにより自然な裸眼立体視となる。

このディスプレイのどんな活用方法が考えられるかというと、たとえばデザイナーやゲームなどのクリエイターがコンテンツ制作過程で詳細をチェックしたり、セールスパーソンが商品を紹介したりするのに使える。

直に目にすることができないアート作品などを多くの人により詳細に観察してもらうのにも活用できそうだ。ただし、同時の複数人視聴はできず、視聴可能距離は30〜75センチとなっている。

ディスプレイは15.6インチで、解像度は3840×2160ピクセル。アスペクト比16:1、輝度は500nits。HDMIやUSB-Cポートを備える。

最先端技術をフル活用しているだけあって市場推定価格は50万円と、個人が簡単に手を出せる額ではないが、気になる人はソニーショールームやソニーストアである展示会で体験するとよさそうだ。発売日は10月31日。

ソニー

mizoguchi

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加