中日・高橋宏 村上斬り×3“令和の名勝負”制し7回零封6勝目 投手に許した1安打のみ

中日・高橋宏 村上斬り×3“令和の名勝負”制し7回零封6勝目 投手に許した1安打のみ

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/09/23

◇セ・リーグ 中日3―0ヤクルト(2022年9月22日 神宮)

No image

<ヤ・中>7回、高橋宏の前に外野フライに倒れる村上(撮影・光山 貴大)

中日の先発・高橋宏が圧巻の村上斬りを見せた。3回に投手の山下に初安打を許したが、しっかりと後続を断った。今季2被弾している村上も、2回の第1打席は高めの152キロで空振り三振。4回の第2打席は157キロの外角直球で見逃し三振に仕留めた。7回の第3打席はカウント3―2から左飛に打ち取った。

打線は5回、プロ初登板のヤクルト・山下から2死一、三塁のチャンスをつくるとA・マルティネスが中前に先制打を放った。「高橋宏が頑張って投げているから、何とかして点を取ってあげたかった」。高橋周も左中間適時二塁打を放ちこの回2得点を挙げた。7回には再び高橋周が中前へ適時打を放ち1点を追加した。

村上を3度打ち取った高橋宏は、7回を97球1安打無失点で6勝目。これで今季ヤクルト戦4戦4勝となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加