「井岡2世」桑原拓「そろそろ」日本王座へ意欲 王者ユーリ阿久井は警戒

「井岡2世」桑原拓「そろそろ」日本王座へ意欲 王者ユーリ阿久井は警戒

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/20
No image

日本フライ級王者ユーリ阿久井(左)に挑戦する同級3位桑原は、ともに計量クリア(大橋ジム提供)

ボクシング日本フライ級タイトルマッチ10回戦は21日、フェニックスバトル79大会(日刊スポーツ新聞社後援)のメインイベントとして東京・後楽園ホールで開催される。大橋ジム期待のホープで「井岡2世」と言われる桑原拓(26=大橋)が、日本同級王者ユーリ阿久井政悟(25=倉敷守安)に挑む。20日には都内で前日計量に臨み、桑原は100グラム少ない50・7キロ、ユーリ阿久井はリミット50・8キロでクリアした。

興国高-東京農大と世界4階級制覇王者井岡一翔(志成)と同じ道を進み、スタイルも似ていることから「井岡2世」と呼ばれてきたが「井岡さんに申し訳ないので、そろそろ明日で。しっかりとタイトルを取ることに集中したい」と王者としての肩書を獲得する強い意欲をみせた。8勝(4KO)無敗で屈指のスピードと卓越したテクニックで同学年の王者に挑む桑原は「1発のパワーに注意して挑みたい。欲を言えばTKOで勝ちたい気持ちもある」と決意を口にした。

一方、約9カ月ぶりの試合で2度目の防衛戦となるユーリ阿久井はコロナ禍後、初めて東京のジムに出げいこし、スパーリングを重ねてきたことを明かした。WBC世界ライトフライ級王者寺地拳四朗(BMB)ともスパーリングしたことを通じ「距離感など勉強になりました」と収穫も多かったという。「スピードとテクニックがある」と桑原を警戒した王者は「モチベーションは高い。絶対に勝つ」と気合十分だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加