「運転技能を認識して」 違反歴あり75歳以上のドライバー対象 免許更新ルール変更で「技能検査」実演会

「運転技能を認識して」 違反歴あり75歳以上のドライバー対象 免許更新ルール変更で「技能検査」実演会

  • HBCニュース
  • 更新日:2022/05/27
No image

動画は元記事でご覧いただけます

改正道路交通法の施行で、一定の違反歴がある75歳以上のドライバーが対象の運転技能検査が13日から始まり、札幌の運転免許試験場で実演会が行われました。

運転技能検査は、体の運動機能の衰えにより運転に支障が出ていないかを調べるものです。

13日は試験場の職員が、高齢者のドライバー役を務めて5つの課題を実演。
例えば「段差乗り上げ」は、最近高齢者の事故で増えているアクセルとブレーキの踏み間違いを想定して、素早くブレーキに踏み変える反射能力を検査します。

北海道警察本部 運転免許センター運転免許試験課 横田剛士 警視
「ご自分の運転技能を客観的に認識していただいて、安全な運転に努めていただきたい」

「運転技能検査」に合格し「認知機能検査」でも異常がなければ、高齢者講習を経て免許が更新されることになります。

5月13日(金)「今日ドキッ!」午後5時台

HBC北海道放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加