地下鉄延伸 広報・実地見学を計画 期成同盟会が総会〈川崎市宮前区〉

地下鉄延伸 広報・実地見学を計画 期成同盟会が総会〈川崎市宮前区〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/05/14

「横浜市営地下鉄3号線延伸早期完成期成同盟会」(小塚良雄会長)の第4回総会が4月27日、昭和音楽大学北校舎で開催された。

あざみ野駅からヨネッティー王禅寺付近を通り新百合ヶ丘駅までの約6・5キロを延伸し、2030年の開業を目指す横浜市営地下鉄。同会は、区内の企業や団体、学校法人、個人有志で組織され、延伸事業の早期着工・完成に向けて、要望や提案、広報活動を行っている。

総会では昨年の事業報告と決算報告、今年度の事業計画案と予算案が承認された。今年度は会報やポスターの作成といった広報活動、地下鉄の基地やルート等の実地見学を計画。出席者からは「まちづくりの視点も取り入れて進めてほしい」などの要望もあがった。小塚会長は「地下鉄誘致がどういう意味を持つか、どういうまちになっていくべきか。大事なときを迎えている。今年度は新たな展開をしなければ」と抱負を述べた。

No image

あいさつをする小塚会長

タウンニュース宮前区版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加