フォーミュラE参入のマクラーレン、日産とパワートレイン使用契約を締結

フォーミュラE参入のマクラーレン、日産とパワートレイン使用契約を締結

  • motorsport.com 日本版
  • 更新日:2022/06/23
No image

Gen3マシンが導入されるシーズン9(2022~23年)からフォーミュラEへの参戦を開始するマクラーレンは、日産のパワートレインを使用する契約を締結した。

マクラーレンは、撤退するメルセデスのチームを買収。フォーミュラE挑戦に向けて準備を進めてきた。かねてから、同チームが日産と提携することは予想されていたが、この度正式に契約を締結した。

日産はe.damsを完全買収し、製造面とレースチームの両方を完全にコントロールできるようにした。日産にとってマクラーレンは、パワートレインを供給する初の外部チームになると言える。

マクラーレンのチーム代表であるザク・ブラウンは、次のように語った。

「フォーミュラEに初めて参戦するマクラーレンは、チームを編成するにあたり、あらゆる面で最高のパートナーを探していた」

「中でも技術は大切な要素の一つだったが、日産は過去4シーズンにわたって献身的にレースに取り組み、その知見と技術を証明してきた。今後、Gen3マシンが導入されるにあたり、このコラボレーションは両者に多くの成功をもたらすと確信している。両チームのパフォーマンスを向上させ、日産のフォーミュラE用パワートレイン技術の開発を強力に推進することになるだろう」

日産のフォーミュラEゼネラル・マネージャー兼マネージング・ディレレクターであるトマソ・ヴォルペは、次のようにコメントしている。

「マクラーレン・レーシングのような素晴らしいモータースポーツ・ブランドと複数年の契約を発表できたことを嬉しく思う」

「我々のパートナーシップは、Gen3としてマシンが大きな進化を遂げると見込まれている来シーズンから始まる。日産がフォーミュラEに参戦するのは、レースをするためだけではない。レースを通じて、効率的で力強い日産EVの魅力を幅広い視聴者の皆さんにお伝えしている」

「マクラーレンとのコラボレーションにより、我々の技術開発が加速し、世界中のファンに日産の技術を披露する機会が増えると考えている」

マクラーレンは、フォーミュラEの初シーズンに向けたドライバーのラインナップや商業パートナーをまだ発表していないが、関係者はサウジアラビアの公共投資ファンドを通じて支援を受けると示唆している。

日産は自動車事業においてEVの販売を拡大しており、長期ビジョン「Nissan Ambition 2030」で今後5年間で2兆円の投資を行ない、車両の電動化と技術革新をさらに加速させていくと発表。電動車の販売比率を増やしていくとしている。

Jake Boxall-Legge

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加