「ネメシス」撮影現場リポート 櫻井翔「バチバチのお芝居が始まるなという予感」

「ネメシス」撮影現場リポート 櫻井翔「バチバチのお芝居が始まるなという予感」

  • エンタメOVO(オーヴォ)
  • 更新日:2021/05/07
No image

「ネメシス」第4話場面写真 (C)日本テレビ

広瀬すずと櫻井翔が出演するドラマ「ネメシス」(日本テレビ系)の第4話が2日に放送される。放送を前に、撮影現場のリポートと出演者のコメントが届いた。

【写真】「ネメシス」第4話場面写真(C)日本テレビ

撮影現場では、「探偵事務所ネメシス」メンバーの広瀬、櫻井、江口洋介の3人がそろうと自然と談笑が始まり、終始和やかなムードとなった。それは、今回が3度目の共演となる広瀬と櫻井の相性の良さはもちろん、互いへのリスペクトと、確かな信頼関係があってこそのことだという。

広瀬は、櫻井との共演について「櫻井さんと私の距離感が風真とアンナに近い気がして、私は勝手にすごくやりやすいなと思っています。本当に何でもできちゃう方なので、いつもかっこいいなと思って見させてもらってます」と話した。

一方、櫻井は「すずちゃんに関しては共演する度に毎回さすがだなと思う。本当に何でもできちゃう人なんだなと思います。運動神経がいいからアクションもすごいし、ラップも上手だったな」と語った。

本作は、1話完結の痛快な謎解き劇に見えて、20年前のある事件や、アンナの父・始(仲村トオル)の失踪の謎などが、1話からの全ての事件にリンクしていくというストーリーテリングも緻密だ。本編の合間に差し込まれる意味深な回想シーンは、5話以降でその輪郭を色濃くしていく。

櫻井は「前半は本当にノビノビ&ワイワイやっているテンションなんですが、8話くらいから全体のトーンが変わっていくんですよね。『うわ! 芝居だ!』って…。いや、これまでももちろん芝居なんだけど、バチバチのお芝居が始まるなという予感があります。自分のことはあまり分かっていないけど、すずちゃんと江口さんがどんなふうに演じてくるんだろう?っていうのがすごく楽しみ。あとは5話の最後も好きで『お! ついに始まるな!』っていう緊張感にワクワクしました」と今後の展開へ思いをはせた。

「ネメシス」第4話は、2日に日本テレビ系で放送。

No image

「ネメシス」第4話場面写真 (C)日本テレビ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加