自転車でライド中にチェーンが切れた! コネクトリンクを使った応急処置と対策

自転車でライド中にチェーンが切れた! コネクトリンクを使った応急処置と対策

  • FUNQ
  • 更新日:2021/10/14
No image

ロードバイクのトラブルで走行できなくなる致命的なものがチェーン切れだ。対策をしておかないと長い距離バイクを押して歩くことにもなってしまう。定期的なメンテナンスで防止できるが、万が一起きてしまっても準備さえしておけば復旧できる。

コネクトリンクを接続してチェーンをつなぐやり方

チェーン切れへの対応の定番といえばコネクトピンによる補修があるが、曲がったリンクを除去する必要があるため、チェーンの長さが不足してローギヤを使えなくなるデメリットがある。曲がったリンクを置き換えて補修するコネクトリングなら、チェーンの長さが変わらないため、トラブル前と同じ状況でローギヤも失わずに復旧ができる。

No image

外プレートからピンが外れてしまうのがチェーン切れだ。外プレートは高い確率で曲がってしまうため、再利用はできないと考えておこう

余分なリンクを取り除く

No image

まずは曲がった外プレートを取り除く。この部分をコネクトリンクに置き換えて補修する。

No image

チェーンカッター付きの携帯工具を、曲がった外プレートのピン部分にセットする。

No image

チェーンカッターのネジを回し、ピンを押して取り外す。ピンは完全に除去して問題ない。

チェーンを接続する

No image

曲がった外プレートを取り外した状態。このとき、チェーンを切る部分を間違えないように注意しよう。

No image

元のチェーンを内プレートどうしにするのがポイント。外プレートをコネクトリンクに置き換えて補修するためだ。

No image

つなぐチェーンのそれぞれにコネクトリンクを取り付ける。ピンの入る大きい穴にチェーンを仮止めする。

No image

コネクトリンク工具を使用して、チェーンを外側に広げる。ピンが所定の位置に移動してロックされる。

出典

ロードバイクのトラブル解決マニュアル

BiCYCLE CLUB編集部 BiCYCLE CLUB 編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加