「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」待望の続編が刊行

「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」待望の続編が刊行

  • KIDSNA
  • 更新日:2021/09/15
No image

11の文学賞を受賞し、累計87万部を突破したベストセラーの完結編

「新潮社」から、「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 2」が9月16日(木)に刊行。

「Yahoo!ニュース|本屋大賞ノンフィクション本大賞2019」をはじめとする11の文学賞を受賞し、累計87万部(単行本・文庫・電子書籍合計)突破のベストセラー「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」の続編で、今作で完結となる。

No image

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 2 1,430円(税込)

「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」は、著者であるブレイディみかこ氏とアイルランド人の配偶者との間にもうけた、息子が主人公。

荒れていたことで有名だった「元・底辺中学校」に通うことになった「ぼく」が、個性豊かな友人や教員たちと触れ合い、現代社会が抱える問題と直面しながら成長するさまを描いたノンフィクションだ。

No image

今作で描かれる、13歳になった「ぼく」の日常も、前作同様、まるで世界の縮図のよう。

中学生がスタートアップについて学ぶ授業、レインボーカラーのストラップを首から下げた校長とノンバイナリーの教員たち、音楽部のクリスマス・コンサートで持ち上がったポリコレ騒動。

時代が、社会が、人が大きく変わっていく中で、「ぼく」はさまざまな“事件”を経験しながら、パンクな母ちゃん、そして父ちゃんと、ともに悩み考え、大人へのらせん階段を昇っていく。

そしてついに訪れる親離れのとき。「一生モノの課題図書」が今作でついに完結する。

80万人が読んだ成長物語の完結編。ぜひ、チェックをしてみては。

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 2

著/ブレイディみかこ

カバーイラスト/中田いくみ

新潮社刊 1,430円(税込)

問い合わせ先/新潮社読者係

tel.フリーダイヤル 0120-468-465(月~金 10:00~17:00)

https://www.shinchosha.co.jp/book/352682/

KIDSNA編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加