【格安スマホまとめ】シャープの最新ミドルクラス「AQUOS sense4」がSIMフリーでも発売決定

【格安スマホまとめ】シャープの最新ミドルクラス「AQUOS sense4」がSIMフリーでも発売決定

  • ASCII.jp
  • 更新日:2020/11/22

主要格安SIMの料金表(今回はデータSIM)とともに、格安SIM、SIMフリースマホ関連の1週間の動きをまとめてお届けしている本連載。先週は、シャープのミドルクラス「AQUOS sense4」のSIMフリーモデルがついに登場。主要MVNOの取り扱いも発表されている。

3万円台の価格で必要な機能がほぼ全部入り 3眼カメラにFMラジオとさらに強化で、SIMフリー版はDSDVも

シリーズ通算で700万台、キャリア/SIMフリーの両方でミドルクラスの定番モデルとなっている「AQUOS sense」。最新モデル「AQUOS sense4」のSIMフリー版が11月27日から順次発売される。

No image

SIMフリー版はライトカッパー、シルバー、ブラックの3色

今回もお手頃価格&お手頃サイズの本体に、国内ユーザーが求める機能をしっかり搭載しているという点は変わらない。横幅は約71mmと抑えられつつも、狭額縁&水滴型ノッチで画面サイズは5.8型まで拡大(19:9、1080×2280)。ここにはもちろんIGZO液晶が採用されている。

CPUもSnapdragon 720Gとミドルクラスとしてはかなり性能が高いものとなり、4GBメモリー/64GBストレージに、バッテリーも4570mAhとしっかりと大容量。カメラは今回3眼となり、標準12メガ+広角12メガに光学2倍の8メガカメラの組み合わせ。防水・防塵、おサイフケータイ、前面指紋センサーが継続して搭載されるほか、今回FMラジオも追加されている。SIMフリー版のメリットとしては、nanoSIM×2によるDSDV対応がある。

すでに予約受付を開始している量販店のサイトでは、4万円弱+10%ポイントと税込3万円台後半の実売価格。また、主要MVNOでの取り扱いも発表されており、goo SimsellerではOCN モバイル ONEの音声SIM契約を条件に、12月23日までのセール対象製品として税抜1万8000円で販売(通常価格は税抜2万4800円)。さらに対象オプション加入/MNPでの加入も合わせて、最安で税抜1万2000円からとなっている。

au MVNOのJ:COM MOBILEが月1500円で 1回60分までかけ放題の通話定額オプション

au MVNOとしてサービスを提供し、オンラインでの申込受け付けの開始、新iPhone SEの割引販売など、ここにきて力が入っている「J:COM MOBILE」が、今度は新たな通話定額オプション「かけ放題(60分/回)」を12月2日に開始すると発表した。

No image

J:COM MOBILEが1回60分までの通話定額を開始

同オプションは、名称からも明らかなように1回60分までの国内通話が定額でかけ放題になるというもの。CATVのサービスと合わせ、比較的ユーザーの年齢層が高い同社ゆえに大きな強味となりそうだ。

月1000円前後の人気格安データ通信サービス(すべて税抜) (音声通話付きのSIMは過去の分をクリック)

月1500〜2000円台の人気格安データ通信サービス (すべて税抜)

※1:au網のSIMはSMS付きのみ(オプション料金必要) ※2:au網を用いたサービスは基本的にいずれも直近3日の通信量が6GBを超えた場合の通信速度の制限がある

■関連サイト

シャープ

J:COM MOBILE

オカモト/ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加