新型アルピーヌA110の受注スタート|ルノーからは独自のハイブリッドシステムを搭載したモデルも登場

新型アルピーヌA110の受注スタート|ルノーからは独自のハイブリッドシステムを搭載したモデルも登場

  • octane.jp
  • 更新日:2022/01/15
No image

1月14日(金)より幕張メッセで開催中の東京オートサロン2022のルノーブースを訪れると、そこにはクーペを思わせるスタイリッシュなSUV「アルカナ」が展示されていた。

【画像】東京オートサロンのルノー/アルピーヌブースの展示風景(写真9点)

当初は東京オートサロン会場内で発表される予定だったが、昨今の新型コロナ新種株の影響を鑑み急遽オンラインでの発表となった。冒頭でルノー・ジャポンの大極司社長は、昨年のルノーの販売について、過去最大の販売実績となったことを明かし、その販売台数を牽引したのはルーテシア、キャプチャーであると語った。また今なおバックオーダーを抱えており、スムーズにデリバリーができていればさらに台数を更新することになったと、その人気を語りつつも「お待たせしているお客様には、多大なるご迷惑をお掛けしお詫び申し上げます」とコメントした。

そして、今回のルノーブースの目玉の登場である。クーペを思わせるスタイリッシュなSUV「アルカナ」は、輸入車としては初のフルハイブリッド車として紹介された。

「アルカナ」には、F1の技術を用いて開発したというルノー独自のフルハイブリッドシステム「E-TECH HYBRID」が搭載されている。ルノーのF1部門と技術者の人事交流などを頻繁に行い、開発されたというE-TECH HYBRIDは、40年以上参戦しているF1を始めとするモータースポーツで使用されるドッグクラッチを採用し、軽量化、コンパクト化を果たしたトランスミッションを組み合わせたシステムだ。高い燃費性能はもちろん、モーターとエンジンそれぞれが得意とする領域で、その性能を最大限に引き出すことで、街中ではストップアンドゴーをスムーズにこなし、追い越し時や高速道路では力強い加速が得られるなど、従来のパワートレーンを凌ぐドライブフィールを実現している。

ルノーらしく走りに重きを置きつつも、必要な時にガソリンを使わせないのではなく、最大限のパフォーマンスを導くことを前提にしながら、燃費も最大限に向上させることを実現させるという。このように、走りにこだわる考え方を貫くという姿勢は実にフランスらしい考え方だ。

アルカナは2022年2月発売予定、そして今後この技術を搭載したルーテシア、キャプチャーも、後を追ってこの2022年に随時発売する予定。また新型カングーは2022年終わりに発表する予定だという。

ルノー・アルカナ

全長 4,568㎜×全幅1,820mm×全高1,576mm

最高出力94ps(エンジン)、49ps+20ps(2モーター)

エンジン 1,589cc 直列4気筒DOHC16V+2モーター

バッテリー リチウムイオン容量12kWh

トランスミッション エンジン 4速 モーター 2速

いっぽうアルピーヌブースでは、「アルピーヌF1」として2021年シーズンに参戦した「アルピーヌA521」とともに、新型A110Sが展示された。A110Sの実車展示はこれが世界初。展示車は30台限定で設定される「A110アセンション」だ。

オンライン発表会ではアルピーヌ・ジャポンの小川隼平COOが、アルピーヌのルーツ、そしてこれからのアルピーヌを紹介した。もともとアルピーヌはレース車両、ラリーカーにルーツがある。現代でもそのルーツを貫き、こだわること、そしてそれを支えるパッション。そのパッションを今後もしっかりと伝えていくことを、アルピーヌは大事にしたいとコメントした。

グレード名も変更された。オリジナルアルピーヌの特質を色濃く引き継ぐグレード「ピュア」が「A110」に、グランドツーリングを楽しむためのグレード「リネージ」が「A110 GT」に変更。クローズドコースでのパフォーマンスを追求したグレード「A110S」はこれまで通りの同じグレード名となる。新型アルピーヌ A110の受注は2月10日(木)から開始され、A110Sをベースに高速安定性、最高速度を高める装備がされた記念限定車「A110S アセンション」も発売される。

A110は最高出力185kW(252ps)/6,000rpm、320N・m/2,000rpm。価格は811万円。

A110GT、A110Sは、最高出力221kW(300ps)/6,300rpm、340N・m/2,400rpm。価格はA110GTが893万円、A110Sは897万円。

以下の専用装備を備えたA110 S アセンションの価格は1059万円となっている。

【新型アルピーヌ A110 S アセンション専用装備】

・2トーンボディカラー/オランジュ フーM + ノワール プロフォン M

・カーボンルーフ

・エアロキット(フロントスプリッター・リアスポイラー)

・FUCHS 製 18 インチ鍛造アロイホイール(グリ チターヌ サテン)

・セミスリックタイヤ

・Sabelt 製軽量モノコックバケットシート(マイクロファイバー)

・3点式オレンジシートベルト(プリテンショナー/フォースリミッター付)

・ハーネスアダプター

・マイクロファイバーステアリング、

・マイクロファイバールーフトリム/ ダッシュボード/センターコンソール/ ドアパネル

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加