スシロー「三大祭」フェア、大とろ・うなぎ・肉がたくさん食べれて大満足!

スシロー「三大祭」フェア、大とろ・うなぎ・肉がたくさん食べれて大満足!

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/07/21
No image

いよいよ夏本番が始まった7月下旬、スシローでは「夏の三大祭」がスタートした。大とろ! うなぎ! 肉! とスタミナがつくこと間違いなしのメニューが勢ぞろいしているようだ。スシロー好きとしては見逃せない夏のフェア。全皿食べる勢いでお店に行ってきた。

スシロー、今年のお盆はお持ち帰りがお得! “400円引き”キャンペーンを実施

○大とろが110円!?

三大祭りのひとつ「大とろ」は、なんと通常330円皿のところ110円という大特価でネタを提供。とことん価格を抑えた強気な一皿だ。

安くなった分身が薄い……ということもなく、しっかりと肉厚な大とろは口に入れた瞬間に溶けるようになくなってしまった。脂の甘みが舌に絡みこれは絶品! せっかくの機会なので3皿くらいは食べておくことを勧めたい。

ちなみにこの大とろは、テイクアウトで自宅でもお得に味わえる。「豪快! 大とろ丼」(1,410円)は大とろが8枚ものった豪華な丼で、心ゆくまで大とろを堪能できるテイクアウト限定メニューだ。

○スタミナ満点! うなぎ祭

続いては土用の丑の日にもぴったりの「うなぎ祭」。ちなみに今年の土用の丑の日は7月28日だそう。「う」のつく食べ物を食べて無病息災を祈願する日ということで、うなぎを使った様々なメニューがラインナップされていた。

中でも注目は、「スタミナうなぎ盛り(鰻・うなとろ・肝串)」(528円)。肝串が二本ものっているかなり豪華な一皿。肝串を食べるのは初めてで、濃い身のうまみと、時々こりこりとする食感がかなり濃厚で単品で頼みたいほどのおいしさだった。ふっくらとしたうなぎに、とろろがのったうなぎを包んで食べるうなとろ巻といろんなうなぎが楽しめるスタミナがつきそうな一皿。

うなぎメニューの個人的1位は「鰻カツにぎり」(165円)。こちらも初めて食べたのだが、うなぎの蒲焼きをサクサクに揚げることで、うまみが濃縮され食感と合わせてかなり食べ応えのあるメニューだった。黄身醤油タレがおいしさをさらに引き立てていて、新感覚なうまさがやみつきに。

王道の「大切りうなぎ」(165円)は、香ばしく甘めなタレでうなぎらしいおいしさを堪能できる。身がかなりふっくらでボリュームもあるので、とりあえず一皿食べてみてほしい。

うなぎ×牛と栄養満点な「すし屋のうな牛」(330円)。うなぎのうまみを牛肉が邪魔をしない程よいバランスで、どちらのおいしさも味わえる逸品。食べ応えありの満足メニューだ。

「うざく包み」(110円)は、刻んだうなぎに酢漬けしたきゅうりをトッピングしたさっぱりめの一皿。酸味がありあっさりとした味わいながら、噛むとうなぎのうまみを感じられた。

○辛さに注意! シビ辛うなぎ麺

そして、匠の一皿からは神奈川の名店「イチリン ハナレ」の齋藤シェフが考案したうなぎまぜそば「匠の一撃 鰻辛雷麺」(385円)も登場。鰻カツがトッピングされて見た目はおしゃれな雰囲気だが、麺の下にはガツン!!!と辛いタレが隠れている。辣油と花椒がきいたしびれる辛さで、その味はかなり本格的。やみつきになる辛さながら、舌がかなりしびれるので、これを食べるのはある程度すしを食べるのが落ち着いてからにするほうがいいかもしれない。

○特選和牛も登場する肉祭り

三大祭りの3つ目「肉祭り」では、特選和牛や人気の肉ネタが終結。すし屋だからと侮れない絶品肉ネタがそろっていた。

何よりも注目は「特選松坂牛のにぎり」(330円)。「松坂牛」の札がのった高級感漂う肉は、しっとりとしたローストビーフで、じっくりと上質な肉のうまみを堪能できる。

九州産のブランド豚を使っているという「九州産黒豚の炙りベーコン」(165円)は、かなり高級なベーコンの味わい。くどくない脂の甘みに、食べ応えのあるベーコンは、何もつけずにそのままで食べるほうが素材のうまみを感じられそう。

個人的に何回も食べたくなる「てりやきハンバーグ」(110円)。甘めなタレに香ばしく焼き目がついたハンバーグは、相性抜群のマヨネーズがトッピングされているの間違いないおいしさ。

「牛塩カルビ」(110円)は、スシローで長く愛されている定番の肉ネタ。酢飯に合う程よい辛さのタレで、肉のうまみとしゃりの相性は最高!
○超“濃い”抹茶デザートは大人の味わい

締めのデザートには、「老舗茶舗の宇治抹茶かき氷」(330円)をいただいた。

見た目から抹茶を感じる濃い緑のこのパフェは、京都の老舗茶舗・森半とコラボしたメニューなのだそう。日本屈指の茶師である菊岡氏が監修し、厳選茶葉を使用したこだわりのスイーツで、なんでも宇治抹茶シロップにはその年の新芽で甘みやうまみが強い一番茶を使用しているとのこと。

中の氷まで鮮やかな緑なかき氷は、本格的な抹茶の風味でどこを食べても濃い抹茶の味わいを感じられた。あんこやわらび餅と合わせながら、食べ進めると抹茶アイスが隠れていてこれもまた濃い味わい。高級感も感じる抹茶のクオリティーに、かなり満足感のあるスイーツだった。

今回は、三大祭りとあっていつも以上にバリエーション豊かなネタがこれでもか! と並んでいたスシロー。夏休みにいろんなものをお腹いっぱいに食べられる良い機会になりそうだ。商品によってはなくなり次第終了になるものもあるようなので、気になる方は早めの来店をおすすめしたい。

MN ワーク&ライフ編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加