【甲子園】主将のみの開会式に近江・山田陽翔「さみしかった」高松商・浅野翔吾「みんなと...」

【甲子園】主将のみの開会式に近江・山田陽翔「さみしかった」高松商・浅野翔吾「みんなと...」

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/08/06
No image

入場行進する近江の主将(代表撮影)

<全国高校野球選手権:開会式>◇6日◇甲子園

夏の甲子園が6日、開幕し、3年ぶりに有観客での開会式が行われた。前日までは選手18人での行進が予定されていたが、急きょ主将のみに変更。

近江主将の山田陽翔(はると)投手(3年)は「さみしかった」、高松商主将の浅野翔吾外野手(3年)も「みんなと行進したかったな」とこぼした。

同様に1人で行進した大阪桐蔭主将の星子天真(てんま)内野手(3年)は「西谷先生から『今までにないイレギュラーな大会になる。何が起こるか本当に分からない。しっかりその場その場で対応していかないといけない』と話がありました」と明かす。例年通りとはいかない大会となるが、星子は「試合以外も含めてしっかり準備したい」と力強く話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加