「習主席は賢くない」と言った中国人権活動家、国家転覆罪で裁判に

「習主席は賢くない」と言った中国人権活動家、国家転覆罪で裁判に

  • CNN.co.jp
  • 更新日:2022/06/23
No image

許志永氏=2009年7月17日、中国・北京/Greg Baker/AP

(CNN) 中国の習近平(シーチンピン)国家主席を「あまり賢くない」と形容して辞職を求めた著名人権活動家で法学者の許志永氏(49)が22日、国家政権転覆罪に問われて非公開の裁判にかけられた。

中国東部・山東省の裁判所で開かれた公判で、許氏は無罪を主張した。「国家機密にかかわる」という理由から、公判は非公開とされた。

関係者によると、裁判所はこの日の公判の最後に、後日判決を発表すると告げた。

支援者や人権団体はこの裁判について「著しく不当」だと訴え、国家政権転覆罪については「でっち上げ」と主張している。

米国を拠点に活動する中国の著名人権弁護士、滕彪氏によると、許氏は2014年にも、公共の秩序を乱す集会を開いたとして禁錮4年の判決を受けており、今回は重い刑を言い渡される公算が大きい。

許氏は南部の都市・広州で20年2月に拘束された。当局は、19年12月に南東部の都市アモイで開かれた私的な集会に関連して、許氏を含む人権活動家数人の行方を追っていた。

許氏は逃亡中に、習国家主席に宛てた公開書簡を発表。習氏の政策を手厳しく批判して、「あなたが悪人だとは思わない。ただあまり賢くないだけだ」と断言、「だから再び要求する。これはみんなが感じていることだと確信している。習近平様、どうか辞職して下さい」と要求していた。

恐らくこの公開書簡を理由に、許氏は国家政権転覆罪に問われたと滕氏は推測する。国家政権転覆罪は政治犯罪の中で最も罪が重く、最高刑は終身刑と定められている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加