気になり始めた白髪はカラートリートメントで簡単白髪染め

気になり始めた白髪はカラートリートメントで簡単白髪染め

  • Domani
  • 更新日:2022/08/06

気になってきたちらほら白髪。サロンで染めるか自宅で染められる白髪染めを使うか悩む人も多いのではないでしょうか。そんな中、手軽に使用できることで人気の「カラートリートメント」。なかなか美容院に行けない時にもおうちでカラーケアをできる嬉しいアイテムですが、ムラなどが心配という声も…。上手な染め方やドラッグストアでも購入できるおすすめ商品を紹介します。

カラートリートメントとは?白髪染めにもOK?

カラートリートメントとは一般的に、ヘアカラー剤の一種で、トリートメントと染料が一緒になったもの。シャンプーの後の髪に塗布するだけで簡単に髪を染めることができます。商品によっては、白髪染めに適したものも販売されており、生え際の応急処置としてお手入れに向いているというものも。

メリット&デメリットをしっかりチェック!

髪を傷めるリスクが少ない

No image

カラートリートメントの最大のメリットは「髪へのダメージを抑えて染めることができる」という点。通常のヘアカラーは、薬剤によって髪の色素であるメラニンを分解して髪を明るくし、染料を発色させます。髪はしっかり染まる一方、乾燥やパサつきが気になることも…。

一方カラートリートメントは、髪の表面に色をつけることで白髪をカバーします。使用を繰り返すことで、徐々に色素が表面より少し内側にまで浸透・定着。色素と同様にトリートメント成分も浸透するので、手触りのよい仕上がりに。

【メリット2】気になるときに自宅で気軽に

ヘアカラーの場合、カラー剤の塗布から洗い流しまでに1時間以上かかることもあり気軽に染められない面も。カラートリートメントなら、いつものトリートメントと同じように使用するので、10〜15分ほどの放置でOK。

また、値段がリーズナブルなのも嬉しいポイント。ヘアサロンでのカラーリングは通常¥5,000〜と出費が必要になりますが、白髪染めトリートメントならドラッグストアで¥1,500程度の価格で購入可能です。毎日のバスタイムでできるので、スケジュールを気にせずルーティンに組み込めるのも嬉しい。

デメリット:一度で染めきれない

No image

メリットが多い白髪染めトリートメントですが、一度できれいに染めたい、という人に向かないというデメリットも。徐々に色素を浸透・定着させていくため、効果を実感するまでには時間を要することもあります。

きれいな髪色をキープするためには、定期的にカラートリートメントを使用し、色を補っていく必要があるのです。

カラートリートメントのおすすめは?メリット・デメリットと選び方

どうやって選ぶのが正解?

No image

仕上がりイメージによって

カラートリートメントは、どのような仕上がりにしたいのか、イメージに合わせた色選びが大切。例えば透明感のある色味→「アッシュ系」または「ベージュ系」、暖かみのある色味→「ブラウン系」がおすすめ。

また、髪を染める成分も要チェック。髪と頭皮に優しいのは、ヘナなど植物由来の染料を使ったもの。染まりやすさや持続性はさほど高くありませんが、敏感肌の人やナチュラル系にこだわりたい人にはおすすめです。

きれいに染めるためのポイントは?

➀トリートメントする前は髪の水分をしっかりとる
髪に水分が残っていると、染料が薄まって色が入りにくくなるそう。シャンプーしたらタオルを使って、しっかり水分を抑えておくと◎

➁一番気になる根元からつけ、15分待つ
普通のトリートメントは頭皮ではなく毛先からつけるものですが、カラートリートメントは頭皮につけても大丈夫。白髪が気になる根元や生えぎわにたっぷりつけて、それをのばしながらなじませたら、15分ほど置くのがおすすめです。

すすぐときは、トリートメントのすすぎ残しがないようによくすすいでくださいね。

カラーも美しさも諦めない!おすすめ5選

ザ・デイ・スパ|TO BE YOU.

No image

▲TBY ヘアカラーリングトリートメントA ¥3,300(税込)

数々のスパを全国の高級リゾートホテルで運営するザ・デイ・スパのカラートリートメント。髪・頭皮にやさしい無添加製品なので、髪へのダメージがおさえられます。カラーを整えるだけでなく、髪のぱさつきを抑えしっとりとまとまりのある髪へ。初めて使用する際は数日連続して使用、色が定着してきたら、2〜3日に一度の使用でケアできるのも嬉しい。

ザ・デイ・スパ

VITALISM(バイタリズム)|kulo

No image

カラートリートメント kulo(ブラック/ブラウン)¥2,980(税込)

髪や頭皮を傷めず、白髪を自然な髪色に染めるカラートリートメント「kulo(クロ)」がリニューアル新発売。カラーは、落ち着いたブラックと明るすぎないダークブラウンのどんな場面でも好印象な2色。 頭にも頭皮にもやさしい成分ながら、気になる白髪も自然な髪色に整えてくれます。

kulo

ホーユー|シエロ カラートリートメント

No image

▲シエロ カラートリートメント(オープン価格)

2022年9月5日(月)より全国のドラッグストアにて発売される「シエロ カラートリートメント」。独自の「高密着ナノカラー処方」を採用し、従来品に比べて3倍の染毛力という新商品。根元の白髪を狙いやすい直塗りノズルを採用した「リタッチ用」と、髪全体にたっぷり塗れる大容量サイズの「全体用」の2種類から、使い方に合わせて選べます。

シエロ

ウエラ モイスト&カラー カラートリートメント

No image

▲ウエラ モイスト&カラー カラートリートメント 全3色 (オープン価格)

サロン生まれのヘアカラーブランド「ウエラ(WELLA)」から、白髪や髪の傷みのケアに着目したカラートリートメントが登場。ウエラならではのカラーマグネット処方で白髪にカラーをなじませます。ダークブラウン、ウォームブラウン、ナチュラルブラックの3色展開なので、なりたい髪色に合わせて選べるのが嬉しい。カラーも、髪のうるおいケアも、同時に叶える商品です。

WELLA

サイオス カラートリートメント

No image

▲サイオス カラートリートメント 全4色(オープン価格)

リーズナブルな価格で、挑戦しやすいカラートリートメント。放置時間はたったの5分という短さでケアできるので、忙しくても時短ケアが叶います。自分の髪色に合わせて選べる4色展開。

サイオス

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加