ホラーの巨匠、中田秀夫監督 嵐の相葉雅紀を絶賛「肝になるポイントを知っている」

ホラーの巨匠、中田秀夫監督 嵐の相葉雅紀を絶賛「肝になるポイントを知っている」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/09/23
No image

生島ヒロシ(右)のラジオ番組に出演した中田秀夫監督

ジャパニーズホラーの巨匠、中田秀夫監督(61)が23日、TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食/一直線」(月~金曜前5・0)にゲスト出演した。

ハリウッドでもリメークされた「リング」のほか「事故物件 恐い間取り」など、数々のヒット作を生み出してきた中田監督。その最新作は嵐の相葉雅紀(39)主演で、迫りくる未知との遭遇と恐怖を描く映画「〝それ〟がいる森」(30日公開)だ。

相葉にとっては「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」以来8年ぶりの映画主演作で、ホラー映画は初出演。生島ヒロシ(71)から「相葉くんは仕事がやりやすかったのでは」と振られた中田監督は、待ってましたとばかりに話し始めた。

撮影中、〝それ〟の登場には何かと時間がかかるようで「相葉くんは待ち時間も自然体。静かに本を読んでたりしてくれた。撮影ではネガティブに響くセリフを『オレはもう、お前を二度と失いたくないんだ』といういいセリフにするよう提案もしてくれました」と感謝。「物語や自分の役の肝になるポイントを知っている人だなと思います」と絶賛した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加