デロイト トーマツ、ソフトウェア開発におけるセキュリティのシフトレフトを実現するDevSecOps支援サービスを提供

デロイト トーマツ、ソフトウェア開発におけるセキュリティのシフトレフトを実現するDevSecOps支援サービスを提供

  • クラウド Watch
  • 更新日:2023/01/25

デロイト トーマツ グループのデロイト トーマツ ウェブサービス株式会社(以下、DWS)は24日、Snyk株式会社と協業し、セキュリティ関連のリスクをソフトウェア開発のプロセスの早い段階で発見・対処する、「セキュリティのシフトレフト」を実現するDevSecOps支援サービスを提供開始すると発表した。

協業では、Snykが提供するデベロッパーファーストのセキュリティプラットフォームを活用し、コードやオープンソースとその依存関係、コンテナやIaC(Infrastructure as Code)における脆弱性を見つけ、ソフトウェア開発者が優先順位を付けて修正することで、開発段階におけるセキュリティリスクを低減することを目指す。

また、DWSでは、開発プロセスの早い段階で、Snykのセキュリティプラットフォームを活用したセキュリティ対策を組み込んだDevSecOpsの支援を行うことで、企業のソフトウェア開発のスピード向上とセキュリティ対応を推進する。

DWSでは、さまざまな業種や業態で顧客との接点がデジタル化されたことにより、ビジネススピードの加速化が、顧客満足度を引き上げる上で重要視されていると説明。このため、ソフトウェアの開発ライフサイクルは短期化しており、迅速かつ頻繁にアプリケーションをリリースする必要性が高まっているものの、セキュリティ対策がボトルネックとなっているとして、これらを解決するために有用となる、セキュリティのシフトレフトを実現するDevSecOps支援サービスを提供するとしている。

No image

三柳 英樹

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加