「中身を知らなかった」と無罪主張も...中国で覚醒剤密輸の罪に問われた79歳元市議『無期懲役』の刑が確定

「中身を知らなかった」と無罪主張も...中国で覚醒剤密輸の罪に問われた79歳元市議『無期懲役』の刑が確定

  • 東海テレビ
  • 更新日:2022/11/25
No image

中国で覚醒剤を密輸した罪に問われていた愛知県稲沢市の元市議の「無期懲役」の刑が確定しました。

稲沢市の元市議・桜木琢磨被告(79)は2013年、中国・広東省の空港で、マリ人の男から預かったスーツケースから覚せい剤が見つかり密輸の罪に問われ、2019年11月、一審で無期懲役の判決を受けていました。

桜木被告側は「中身を知らなかった」と一貫して無罪を主張し、上訴していましたが、弁護士によりますと、日本の高裁にあたる広東省高級人民法院は25日に上訴を棄却。一審の無期懲役の判決を支持したということです。

中国は二審制のため、これで無期懲役の刑が確定しました。

桜木被告は79歳で、中国では違法薬物密輸の罪の最高刑は「死刑」ですが、75歳以上の高齢者には原則死刑が適用されないとされています。

東海テレビ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加