新しい提案はいつも〈イセタンメンズ〉から。この秋、上質ブレザーを選ぶ理由。

新しい提案はいつも〈イセタンメンズ〉から。この秋、上質ブレザーを選ぶ理由。

  • Safari Online
  • 更新日:2022/09/25

〈イセタンメンズ〉に足を運ぶべき理由はいくつかある。そのひとつがテイラードファションの楽しさを再発見させてくれること。なかでも今期の注目はネイビーのブレザー。普遍的なアイテムだが、上品さと適度なカジュアルさを併せ持つゆえに、今どきの仕事スタイルにはぴったり。頼もしい戦力になってくれそうだ。

柔らかな着心地、動きやすさ、すべてに上質さが宿る1着。

No image

ジャケット22万円(カルーゾ/伊勢丹新宿店)、シャツ3万3000円(バルバ/伊勢丹新宿店)、ネクタイ2万4200円(ドレイクス/伊勢丹新宿店)、パンツ3万5200円(ベルウィッチ/伊勢丹新宿店)、シューズ15万4000円(ジェイエムウエストン/伊勢丹新宿店)、ポケットチーフ5500円(ムンガイ/伊勢丹新宿店)、右のハンガーのブレザーは左ページ左下と同じ

絞りのゆるいシルエットで、クラス感を感じさせる1着に仕上げたダブルのブレザー。素材はウールにシルクを混紡した極めて上質なもので、肩まわりも動かしやすく快適このうえない。

普遍的ミディアムフィットを現代的な味つけとともに楽しむ。

No image

ジャケットオーダー価格9万9000円(ラ スカーラ/伊勢丹新宿店)、上のネクタイ1万7600円(フランコ バッシ/伊勢丹新宿店)、下のネクタイ1万4300円(アルテア/伊勢丹新宿店)

国内有数のファクトリーで縫製を行った、構築的なシルエットを描く1着。適度なゆとりを持つバランスのよいフィット感が楽しめる。

カジュアルなインナーも合わせやすい万能型ブレザー。

No image

ジャケットオーダー価格9万9000円(テーラーケイド/伊勢丹新宿店)、ワッペンはスタイリスト私物

アイビースタイルをアップデイトしたデザイン。カラダに自然に沿わせたウエストが美しいドレープを描く。動きやすい作りなのでオンはもちろんオフシーンの着こなしにも対応する。

マスキュリンなシルエットを求めるならこれ一択。

No image

ジャケット9万4600円(タリアトーレ/伊勢丹新宿店)、ポケットチーフ7700円(ムンガイ/伊勢丹新宿店)、シューズ5万3900円(フェランテ/伊勢丹新宿店)

ブランドを代表するモデル“モンテカルロ”。ゆとりを持たせた胸幅や背幅に対し、ウエストを強く絞ることで凛々しいシルエットを描く。

リモートワークから出社がメインの勤務スタイルへ。あるいは、在宅とオフィス勤務を組み合わせたハイブリッド型への移行も増えた昨今。仕事服を取り巻く環境も、また少しずつ変わってきた感がある。そんな今の温度感にちょうどいいきちんと感を表現できるのが、上品かつ肩肘張らず着られるネイビーブレザーだ。なかでも〈イセタンメンズ〉が提案する新作は、いずれも仕立てのよさが違う。それは右ページの写真で着用した〈カルーゾ〉の1着を見ても明らか。同社はハンドとマシンを融合した仕立てに定評があり、副資材を極力省いたアンコンを採用。絞りのゆるいボックスシルエットで、シルク混ウールの柔らかな着心地を存分に体感できる。よりモダンなスタイルが好みなら、エレガントなシルエットを得意とする〈タリアトーレ〉という選択肢もある。また、〈イセタンメンズ〉が誇る日本人テーラーのブランド〈テーラーケイド〉や〈ラ スカーラ〉のMTMで、好みの1着をオーダーしてみるのも楽しい。いずれにしても、久しぶりにジャケットの装いを前向きに楽しみたい気分にさせてくれるものばかり。着れば仕事との向き合い方にも、好影響が期待できそうだ。

INFORMATION

●伊勢丹新宿店
TEL:03-3352-1111

『Urban Safari』Vol.29P30~31掲載

写真=野口貴司 スタイリング=中川原寛 ヘア&メイク=松本恵 文=遠藤匠 構成=大嶋慧子
photo:Takashi Noguchi styling:Kan Nakagawara(CaNN) hair&make-up:Megumi Matsumoto text:Takumi Endo composition:Keiko Oshima

Safari Online 編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加